ハッピー・ラッキー・つっきー!

2006年5月生の娘・つっきーと、2008年2月生の息子・ラク、そしてパパ、わんこと一緒の楽しい毎日!いくつものにっこり、いくつもの感動。忘れてしまうのはもったいないから、ブログに記していこう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

からだのひみつ2013②

「からだのひみつ」2013のつづき。

本会場まわりには、入場料とは別にお金を払わないと体験できない
アトラクション的なものも10点ほどあった。
どれも子供がやりたくなるようなものだったので、
もちろんつっきーラクもやりたがって・・
ダメと切り捨てるもの不憫に思えたので、一つだけ選ばせてやることにした。

ふたりがえらんだのは、「ピーナツおじさん」。
ピーナツを模したお手玉みたいな大きな玉を、
2mほど離れたおじさんの口に投げ入れる。
5個中、3個以上入れば、賞品がもらえる、というゲーム。

トライしたけど、ふたりとも1個か0個程度しか入れられず、賞品はもらえなかった。

「ざんねんだったね。」と行って立ち去ろうとしたけど、ラクが動かない。
「もう一回やりたい!」と言ってきかない。
「そんなに何回もやらないよ。」と言っていこうとしたら、
泣いてわめいて、周りの人も何事かと見ていく。大変なことになった。
仕方ないので、話をする。

「ラクはもう一回っていうけど、もう一回やって、必ず入る?
必ず賞品がもらえると思う?ママはそうは思わない。
だってさっきのだって、1個も入らなかったから。
これはお金がかかる遊びだよ。何回も何回もは、できないよ。
ラクが3個入れられるまで、何回もはできないよ。
それでも、どうしても、もういっかい挑戦したいというなら、
あと1かいだけ、やってもいい。
うまく入っても、はいらなくても、あと1回。
やくそくできる?」

ラクは約束できるといい、つっきーもやってみたいというので
もう一度、やってみることに。

そして結果は、やっぱりはいらなかった。
3個入らない、賞品はもらえないと分かった時点でラクは大泣き。
大泣きしながらもう一回やりたいと言い出したけど、
もちろんそれは教育上許されない。
いい勉強になったね、と言いながら会場を後にした。

機嫌が回復するまでの大変なこと!
泣いたり騒いだり、こちらの手を握ったまま全力で会場に引き戻そうと
体重をかけてふんばったり・・。
向こうも必死だけどこっちも必死だ。
ここで折れたり、お菓子やほかのものを与えてしまうと
ダダこねは得をする、といった理解をしてしまいそうで嫌なので
とりあえず機嫌が戻るまでは、ただ時を待つ。(これが長い!)

そしてしばらくして、その時がついに来た。
道端の水路に、ヤゴがいた!しかもたくさん!!
おもいがけないヤゴとの出会いに、ラクもつっきーもすっかり夢中。
つかまえようと奮闘したり、ぬけがらを集めたり。
さっきまでの不機嫌なんて、どこへやら。ああ、よかった~。

ヤゴと遊んだあとは、ひろい公園でいっぱい遊んで、つっきーもラクもすっかり笑顔に。
元気ありあまる子供たちが会場で、おとなしく列を作って何度も順番を待つなんて、
やっぱり、子供にはストレスたまることなんだろうな。
大人だっていやだし!
IMG_6219.jpg
IMG_6248.jpg


最後に公園で発散できてよかったな~。


さて、ところで、いまいちだったと思った「からだのひみつ」。
からだのことを学んじゃおう、なんて言ってたけど全然だった、って思ったのだけど。

その後、からだのひみつをいたく気に入ったラクが、なんどもなんども
「からだのひみつ」のパンフやチラシを読み込んだため、
「じんそう、は、からだの血をきれいにしてくれるところ。
おしっこもつくるよ」などと言い出した。びっくり。

結果的に、からだのことを学んでくれたよう。
実はやっぱり、効果あったってことかな!?



スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://tukkihiropon.blog98.fc2.com/tb.php/936-b1bc7074

 | HOME | 

プロフィール

ひろぽん.

Author:ひろぽん.


来てくれてありがとう!


*script by KT*

*script by KT*

よかったら、ポチリと。

FC2ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログへ

最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー


月別アーカイブ


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。