ハッピー・ラッキー・つっきー!

2006年5月生の娘・つっきーと、2008年2月生の息子・ラク、そしてパパ、わんこと一緒の楽しい毎日!いくつものにっこり、いくつもの感動。忘れてしまうのはもったいないから、ブログに記していこう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンゴムシたちと同居!

ダンゴムシを、ついに飼い始めた。

だって、つっきーが、策略家なんだもん。


ある日ひろぽんがいつものように保育園にお迎えに行ったら、
つっきーが「ママ、ママ、ちょっと来て。」という。
行ってみると、保育園の絵本コーナー。
そして一冊の本を取り出す。

ぼく、だんごむし」って本。

開くと、中には「ダンゴムシのすみか」「たべもの」「脱皮・成長」など
やさしいことばで、でも詳しく書かれていて大人でも思わず引き込まれる。

そして終盤には、「ぼくたちのこと、かってみない?」と語りかけられ、
飼い方についても丁寧な説明とアドバイスが与えられていて・・

そしてつっきーはというと、この本で知ったダンゴムシの生態について、
熱っぽく語っている。


う~~ん、
わが子の熱意と飼いやすさと、飼い方のていねいな情報。

ここまでそろったら、飼うしかないね!!


そうして善はいそげで、その日のうちにダンゴムシを我が家にお招きした。
みんな元気に生活してくれるかな~。

そうそう、本に書いてあった飼い方の中で、ひろぽんが特に気に入った部分があった。
それは、
「秋の終わりには、ぼくたちをみつけた場所に返してね。
冬は、やっぱり仲間たちと一緒にすごしたいんだ」といった箇所。

ダンゴムシさんたちも、しばし人間たちと生活をともにして
生態など教えてくれるのはそんなにイヤではないかもしれないけど、
やっぱりずっととらわれて一生を終えるのは、楽しくはあるまい。

秋の終わりまで、って前提なら、ひろぽんも飼うことに賛成。

ダンゴムシの生活を見せてもらって、生態や習性を知ったら、
これからさきの人生、きっとダンゴムシに愛着を持って生きられる。
道端で出会っても、きっと彼らにやさしくなれるし、
見かけるだけでうれしくなると思う。

ダンゴムシさんたち。
これからしばらく、よろしくね。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://tukkihiropon.blog98.fc2.com/tb.php/768-fb3bb30b

 | HOME | 

プロフィール

ひろぽん.

Author:ひろぽん.


来てくれてありがとう!


*script by KT*

*script by KT*

よかったら、ポチリと。

FC2ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログへ

最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー


月別アーカイブ


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。