ハッピー・ラッキー・つっきー!

≫2012年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カブトムシ、分家する

我が家に5匹のカブトムシ。
男の子2匹に、女の子3匹。

なんとなく適当にもらった割には、すばらしい比率だ。

まいにちゼリーをあげて観察。
(すいかとかきゅうりはよくないらしい。
昔はすいかばっかりあげてたのに・・。時代は変わったのね)

でも、ゼリーあまり食べてくれない気がする。
夜中に食べてるのかな?


さてそんなある日、つっきーのお友だちにカブトムシのことを話したら、
その子もカブトムシ、飼いたいなーという。

「じゃあ、うちのをもらってくれない?」

話がトントン進んで、さっそくその足でスーパーに行き、
虫かごと土を買い、
さらにその足で我が家に来てもらい、無事2匹をお渡しした。

男の子と女の子、1匹ずつ。
名前はトトくん(♂)とカカちゃん(♀)に決まった。

我が家には、ヨットくん(♂)とリンゴちゃん(♀)と、リコちゃん(♀)が残った。

元気でね。
楽しく暮らすんだよ~!!
スポンサーサイト

ほかの3匹たちは・・

我が家で、2匹のカブトムシが成虫になった。

あと、3匹いると思うんだけど。。

待てど暮らせど、出てこない。
全然まったく、活動の痕跡がない。

心配だ!

すごく心配だ!!


中で羽化に失敗して、息絶えてるんじゃなかろうか・・。

それとも寄生虫の犠牲になってたりとか・・。


もしそうなら、ちゃんと土に埋めて弔ってやりたい。

ある日決心して、水槽を逆さにして、中の土を新聞紙にぶちまけた。
(割り箸でちょこちょこ掘ってみたけど、全然進まなかったから(汗))


ドキドキ・・どうなってるかな・・


あ!

動いてる!!


1匹、2匹、、

ちゃんと3匹生きてる!!



新聞紙にあけた土のなかから、3匹のカブトムシちゃんたちが現れた。

みんな無事、成虫になってた。
みんな、女の子だった!

我が家のカブトムシたち、これでみーんな成虫になれた。

ほんとうによかった!

羽化を目撃

我が家に5匹いるカブトムシの幼虫。

1匹は無事成虫になったけど、
ほかの4匹はまだ出てこない。

いや、正確には、ほかの3匹だ。
だってもう1匹は、地上でさなぎになってるんだもん。

毎日地上のさなぎ(♂)を観察していたら、
だんだん茶色が濃くなってきた。

そろそろかも~。

こないだの日曜日、「そろそろさなぎから出てきてるかな」なんていいながら
みんなでうちに帰ってきて、虫かごをのぞいたつっきーが叫んだ。

「出てきてるよ!!」

ラクと共に虫かごにかけよって、みんなで覗き込むと・・。

わ~!!確かに、カブトムシがさなぎから出てきてる!!

おなかの部分の皮が裂けて、おしりがでてきつつあった。

あたまや角の部分の皮は、ついたまま。
これは本来、土中から地上に出てくるときに取れるものらしい。
今回は、はじめから地上に出ていたから、取れてないんだね。

そしてなにより驚いたのが・・

背中がまっしろ!!

足や角は、羽化の時点ですでに茶色くなって固くなっているのに
背中の羽は、外側の固いところも内側の薄いものも、とってもやわらかくてナイーブそう。
あ、そういえばアゲハチョウとかも、羽化のとき手足はしっかりしてるけど
羽根は全然ちぢれてて、さなぎから出てきてから少しずつ伸びて、本来の形に落ち着くんだった。
昆虫ってだいたいそうなのかな。
羽根はたしかに大きいことが多いから、そんな大きなさなぎになることはきっと難しいから
出てから伸びるようになっているのかな。

やっぱり、昆虫ってすごい。


昆虫大好きなひろぽんが、そんなことに思いをはせていると、
視界のよこから、小さな手がにゅっと出てきた。

「さわらない!!今はさわらない!!」

あわてて制止する。

「いまはカブトムシさん、すごく弱いときだから、さわらないでね。
もうちょっとして、しっかり元気に固まってから、触らせてもらおう。」

あと数日かな。たのしみ。

とにかく無事かえって、本当によかったな~。

カブトムシ、ついに羽化

我が家のカブトムシ、ついにさなぎから出てきた。

カブトムシは土の中でさなぎのなるので、まだかなまだかなと思って
毎日水槽にいれた土の表面を見ていたら、
ある日表面がポコっと陥没して、穴の中からにょっきり
カブトムシの角がのぞいているのに気がついた。

男の子だ!!

無事、成虫になれたんだ!!


ちょっとつつくと男の子カブトムシは元気に出てきた。

「名前なににする?」

「うーん、『ヨットくん』。」


こうしてヨットくんと命名されたカブトムシくん。
これからしばらく、よろしくね。
はやくほかのお友だちも、さなぎから出てくるといいね。

ナメクジ観察

P1000376.jpg



最近保育園のプランター周りには、ナメクジがいっぱい。
それをつっきーとラクは毎日観察している。

お迎えに行くと、ふたり元気よく、
「今日もナメクジさんに会えるかな!!」と言って玄関を飛び出してく。

うーん。どうだろう。

とか、思いつつ、二人が懸命に探しているのを見るとつい、

「ほら、ナメクジさんたちはこういうところが好きなんだよ」といって
プランターを持ち上げ、ナメクジさんたちを見つける手伝いをしてしまう自分。
ま、ナメクジさんたちも、休息の邪魔されても少しはゆるしてくれるよね。

そうしてナメクジをたっぷり堪能したら、
今度はラクが、「じゃ、ナメクジになって帰ろう」という。
両手を触覚(?)代わりに突き出して、ナメナメ言いながら帰るのだ。
「おなかすいたナメ~」みたいに。

当然ひろぽんは、ナメクジ母さんとなり、「さ、はやくかえるわよナメ!」とか言いながら、
触覚を出しつつかえることに。。
ちょっと恥ずかしいから、急ぐべし。

でもこんな遊びも今だけだよね。
つっきー、ラク、いつまでママの相手してくれるかな(^^*

大きなリュック

来月、つっきーは「お泊り保育」なるものに参加する。
毎年、年長クラスのメンバーは、先生方の引率のもとバスで山に行き、
ハイキング等の野外活動をし、宿泊施設にみんなで寝泊りして帰ってくる。
一泊二日のイベントだ。
年長ともなると、みんなでこのイベントについてあれこれと語り合っては
期待を膨らませているよう。わくわくが伝わってきてほほえましい。

さてそんなお泊り保育、バスタオルやら着替えやらいろいろと持ち物も多いので
大きなリュックを買うことになった。
あれこれ探して、つっきーが選んだのは、お空と雲がモチーフになっているピンクのリュック。
つっきーはとてもうれしかったようで、買った翌日から毎日保育園に持っていっている。

あるとき園からの帰りにスーパーによってお買い物をしたら、
つっきーが、「つっきーのリュックに入れていいよ」という。
「ありがとうー」と返しつつ、
でもおさかなパックとか、においがついたらイヤだな~と内心思う。
そしてささっとスーパーのレジ袋に買ったものを入れていたら、つっきーがまた
「つっきーのリュックに入れていいよ。だっておっきいから入るよ!」という。

「そっか。じゃ、これお願いしようかな」といって、キノコをひとつ渡すと、
つっきーはそれをリュックに入れて、とってもうれしそうな顔になった。

おっきいリュック、なんでも入るよね。うれしいよね。

お泊り保育が待ち遠しいね。

P1000394.jpg

大騒ぎ会

P1000111.jpg
つっきーのクラスメートが、みんなに声をかけてくれて
親子で集まる会を開いてくれた。

土曜日の夕方から、都合がつく人が集まったら・・
なんと、親子合わせて40人を超える参加者になった!

マンション共用のキッチン+ダイニングルームだったので広めとはいえ、
さすがに席が足りず、親はアイランドを囲んで立ち飲み状態。

子どもたちは椅子を与えられたけれど、おとなしく座るはずもなく、
気がつけば、みなクツを脱ぎ払って、あるお父さんを仮想悪者として総攻撃!
隣のひとと話をするにも、叫ばないと声が届かないほどの環境。。
カオスだ・・。

だけど、普段の保育園の送り迎えでは、時間が同じくらいの一定の人としか
顔を合わせてあいさつやお話ができないので
こうしてたくさんのお父さんお母さんと顔を合わせてお話できるって、
本当に貴重なこと。
こんな機会を作ってくれたつっきー友のお母さんに感謝した一日でした。

つっきーとラクは、お友だちとたくさん遊べて楽しかったようす。
よかったね。
またみんなで集まれるといいね。

カブトムシの幼虫

つっきーのクラスメートのママから、こんなお話があった。

「ねえ、カブトムシの幼虫いらない?」

「いる、いる!!」
むし好きのひろぽん、即答。

わーうれしいなあ。
つっきーもむし好きみたいだし。

「用意するのは、小さな水槽みたいな虫かごと、土とかでいいのかな?」

メールで確認すると、意外な答え。
「なにもいらないよ」

??

とりあえず、待ち合わせ場所に虫かごを持って行ってみたら
ママさん、どーんとおおきなすいそうを抱えて現れた。
「これごと全部もらって」

・・何匹はいってるんだろう。

うちにかえって数えたら、とりあえず5匹いるもよう。

うわー。どうしよう。飼えるかな?

今までカブトムシを飼ったことがないのでちょっとドキドキ。

みんなうまく成虫になれるといいな。

フランスパンまるかじり

つっきーとラクが習っているバレエ。

次の発表会の出し物は、「ピクニック」になっている。
(先生のはからい?で、ふたりは今は、同じクラス)

冒頭、つっきーは数人で楽しげにシートをひろげつつ、
ラクはフランスパンを持ちつつ踊るんだけど
そのときラクは何を思ったか、フランスパンをかじるしぐさをしながら踊っている。

先生も特段注意していないようだし、楽しそうだし、まあいいか。

あるときパンやさんで、フランスパンを発見。
つっきーもラクも、目がキラキラ。
「買いたい!!」

そうねー、じゃ、買ってみるか。
フランスパン、あまり買ったことなかったし。

買ったらふたり、口をそろえる。
「そのままかじりたい!!」

う!?
まあ、いいか?
きらなきゃいけないって決まりもないし?
かじるのも、楽しそうだし。

そして、こうなった。
P1000072.jpg
P1000068.jpg

あーうれしそう、楽しそう。
フランスパンまるかじり、たまにはいいかもね!

友だちは誰?

内装はこんな感じ
ラク、以前よりは保育園でお友だちと遊んだりもしているようだけど
つっきーが同じ年だったときや
同じクラスのお友だちと比べると
はっきりと、友だちづきあいをしていない。

ちょっとしんぱいだ。

それで、園から帰ってから、ラクによく質問している。

「今日、だれと遊んだのかな?」

「ひとりで。」

「でもさ、ちょっとは誰かお友だちと遊んだりしたんじゃないかなっ」

「ひとりで。」

・・・うーん。

でも、先生もそんなことはないっておっしゃってるし
同じクラスのママにこの話をしたら、
「うちの子ラクくんと遊んだ~とか、よく話してるよ」
って言ってくれてるんだから、一日中ひとりっきりってことはあるまい。

自分の気持ちをなだめてみるものの、不安がのこるので
質問を変えてみる。

「ラク。ラクが仲良くしてるお友達はだあれ?」

「ラクのママ」

「あ、ママとは仲良くしてるよね。ほかには?」

「ママ。ママだけ。」


うーーん。
不安払拭できず!

ま、気長に見守るのがいいのかな。

 | HOME | 

プロフィール

ひろぽん.

Author:ひろぽん.


来てくれてありがとう!


*script by KT*

*script by KT*

よかったら、ポチリと。

FC2ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログへ

最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー


月別アーカイブ


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。