ハッピー・ラッキー・つっきー!

≫2011年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラ弁。。

つっきーやラクに、お弁当を作ってあげられる機会は
この先そう多くはないだろう。

だったらこの機会に、ふたを開けてうれしくなるような、
気持ちが上向くような、楽しいうれしいお弁当を作ってあげたい!

という思いから、ひろぽん、がんばった。
慣れてないので、ぜんぜんつたないんだけど。。

こんなのとか、
ミッキー

こんなのとか、
ハミィ

こんなのとか。
マイメロ

2番目のキャラは、「スイートプリキュア」にでてくる「ハミィ」という妖精で、
ふたりともよく知ってるし、けっこう似てる、よくできた!
(少なくとも前日のミッキーよりは(汗))って思ったのに、
帰宅してからふたりに「今日のおべんとう、どうだった?」
って聞いたら、ふたりともハミィのハの字も出さずに

「ねこちゃんだった。」

と、仰せになったのでかなりショックだった。
あの、お目目のキラキラに、どれだけ労力つかったと思ってるんだあ~!!
1mm程度のパーツの裏に、竹串の先につけた接着剤代わりのマヨをチョンとつけて
息を止めながら目標地に一瞬で一発で付着させるあの困難さ。
ボトルの中に帆船模型を完成させてく、あの作業って
こんな感じかな~、って何度も思ったよ~~。

キャラ弁ふたつ完成させるまでに、何度たましいが抜けるかと思ったか。

でも二人が毎日まったくのこさないで完食してきてくれるのはうれしい限り。
毎朝くじけそうになるけど、夜にはまた「明日もがんばってみるか」って気持ちになって
なんとか続いている。

明日もがんばってみるかなあ~。
なんのキャラにしようかな。
スポンサーサイト

保育園再開!

母が来てくれたその日に、保育園から連絡があった。

「明後日から再開します!」

・・なんてタイミング!
だったら母を呼ばなかったのに!!

でも、毎日のように保育園と市役所に電話を掛けて
再開の見込みを確認しまくっていたのに
教えてもらえなかった(=未決定だった?)んだから
これはもう、仕方ないというもの。
ただ再開を喜ぶことにしよう。

けっきょく母は、一日だけつっきーとラクの面倒を見てくれて、
そして帰っていった。
元気ではあるけど、年齢的にはもう、すっかり高齢といえる母、
わざわざ荷造りして飛行機に乗ってくるのは
ラクではなかっただろう。

ごめんね。
ありがとうね。

そして明日から、保育園が始まる。

下水道が詰まっているので水を流せず(=トイレ使用不可、手を洗うこともできない)、
そしてガスも不通なので給食が作れないのでお弁当持参。
こんな状況でよく再開してくれたと思う。
園と先生方に感謝しなくては。
だって、きっと園側が、「大丈夫です、なんとかやってみます!」
って、市に主張してくれたんだろうから。

朝から4個のお弁当作りが始まる。
私もがんばらなくては。

母きたる

保育園復旧の見通しがたたないままだったので、
ついに耐えかねて、母にSOSを出した。

熊本の母は、さっそく飛んできてくれた。

ありがたいなあ。。

つっきーとラクは、「わーいおばあちゃんだぁ」って感じ。

今のところ、つっきーとラクからは、
地震による心の傷とかは、ぜんぜん感じられない。
「地震、こわいねえ」「みぃんな、いちどに壊しちゃうもんね!」
とか言ってるところを見ると、怖いものだという意識はあるようだけど。

母が来てくれて、とりあえず毎日パパと私のどちらかが
仕事を休まなければならない状況は回避できることになったけど、
母も、母を送り出してくれた父も、
こんな余震続く、放射能も心配な被災地に長居したくはないだろう。

はやく保育園再開するといいな。

保育園その後

保育園がまだ再開しない。

困ってる。

市に問い合わせても、「上下水道とガスがまだ復旧していない以上、
再開することはできない」の一点張り。
仕方ないけど、でも、今になっても「いつになるか見通したたない」とか言われると
心配になるし、落ち着かない。
いつまでも休んでるわけにはいかないし。

ここにきて、もいちど「おばあちゃんにみてもらえないか」という話になっている。
だけどライフラインもままならない被災地に
元気とはいえ年齢的には十分ご老人である母を呼ぶのもなんだし
母としても、「いくより来てもらいたい」とのこと。
なのでもしかしたら、つっきーとラクを『疎開』させることになるかもしれない。

でもな。。
見知らぬ土地で、なれない家で、パパもママもいない、じゃあ、
子どもたち不安になって当然だよなあ。。
またどもりも強くなるかもしれないし。
できれば、預けたくないのが本音。

もう少し悩んで決めます。
保育園、早く再開しておくれー!

お助けマンつっきー

保育園が閉園になったので、数日仕事を休んだ。

水や火をつかわないでも食べられる食料の確保に
つっきー・ラクを連れまわすのは大変そうだなあと思っていたけど
二人があまりに協力的なので、びっくりした。

いつもは、何回も言われないとコートとクツを身につけられないのに
さっと各自で着たり履いたりしてくれるし。
「自転車きたよ、あぶないよ~!」といえば、さっと一列縦隊になってくれるし。

ラクもえらかったけど、とにかくつっきーの協力ぶりに、感動した。
自分のことはさっと終えて、さらにラクに声かけしてくれる。
「ラク、コート着るよ」
「自転車くるから手をつなごう」
「ここは人が通るからこっちきて」

なんどつっきーに助けてもらったことか。
いつのまにこんなに成長していたのかと、驚くばかり。
もうすぐ5歳なんだもんね。

つっきー。
ありがとう。
私のほうでも、あまり「小さい子」すぎる扱いをしないように
気をつけなきゃね。


おうちでたのしく

つっきーラクの保育園閉園により、おうちですごしている。

ふたりとも元気だけど、外であそべる状況じゃない。
道路があちこち割れてるし、公園の遊具だって
きっと傾いてるし、もしかしたら亀裂とか入ってるかも。
怖くて遊ばせられない。

やっぱりここはおうちで楽しく過ごすがいちばん!

今日はつっきー・ラクといっしょにパンを作った。
幸い水が、ちょっとだけ使えるようになったし、
パン作りにはガスはいらないし!

クリームパン、チョコパン、ハムパン、チーズパン。。

たのしい!

つっきー・ラクもパン生地をもらってこねこね。
粘土みたいでたのしいね。
つっきーは「キラキラのへび」「かたつむり」「おだんご」、
ラクは「茶色のゴリラ」二匹と、「ぞうさん」
を作った。

自分で作ったパン、おいしいね。

あったかくなってきたし、またつくろう!

保育園閉園

大地震がおきて、水とガスがとまり、
なんと保育園が閉園となってしまった。

市の担当者にパパが聞いてくれたけど、
「市としては、ライフライン(水・ガス・電気)が確保できて
建物の安全が確認できないと、開園できない」とのこと。
いつ保育再開するか、わからないんだって。

う~ん。
これは困った。

預かってくれるところがないと、仕事にいけないよ!!

とりあえずパパと交代でお休みして、
つっきーラクとすごしている。
これはこれで楽しいけど、でもやっぱり
保育園のことが気になる。。。いつまでも休んでいられないし。

早く開園しますように~。

被害状況

やっとの思いで帰り着き、つっきーとラクと再会したら、すごくほっとした。
やっぱり、家族がみんな無事で一緒にいられるって、いちばん大事だよ~。

おうちのなかの被害は極少。
軽いものが倒れたりした程度で、鏡やテレビも倒れてなかった。
お部屋の中でお皿が粉々に割れて散乱してたら・・
と心配していたけど、何も割れていなかったのですごくほっとした。
だけど家周辺は、液状化現象が起きてたいへんなことになっていた。
舗装があちこちでもちあがり、段差がおきて割れ、
割れ目から水とヘドロ?状の泥があふれ出していた。

ライフラインは、水とガスが止まっている。
おふろもトイレも使えない。これは、けっこうきつい。
でも幸い電気は通っているので、情報も得られるし、暖かい飲み物だって飲める。
そして何より、あの津波の映像を見てしまったら、
家族がみな無事で元気で、そしていっしょにいられること、
そして家がこうして倒れずにあることのありがたさを思わずにはいられない。
お風呂くらいなんだ!トイレくらいなんだ!
貴重な体験だよこれは!!

保育園も、今日は閉園とのこと。
水もガスも止まっていたら、しかたないよね。
私も仕事をお休みして、つっきーラクといっしょにいよう。
なんとなく不安だから、これはこれでよかったかも。

取引先が、気仙沼と大船渡、それに岩手にもある。
すごく心配。。
金曜日には、電話がつながらなかった。
それどころじゃなかったはずだ。
はやく安否がしりたい。
いや、安全を確認したい。

2011.03.11

大地震が起きた!

ひろぽんは会社にいて、
隣の席の人と「あれ、地震?」なんて顔を見合わせていたら
みるみる強い揺れになって、なかなかとまらなくて。
ゆるい横揺れじゃなくて、下からどんどん突き上げるような感じもあって、
こわくて机の下にもぐりこんだ。
もぐるのにも手間取るほど、ゆれていた。

すこし落ち着いてから、パパ携帯と保育園に電話。
当然つながらなかったけど、何度かトライして保育園にやっとつながった。
つっきーもラクも無事とのこと。
少しほっとして、パパにメールにて家族の無事を伝えた。

JR東日本はじめ、鉄道、地下鉄、すべてストップしたので
会社から帰ることができない。パパも同じ。
会社近くに住んでいる人は、歩いて帰ったりしたけど
ひろぽんだと、たぶん5時間くらいかかる。
余震もこわいし、どうしよう。。

保育園ではとにかく今日は非常事態なので、お迎えがあるまで
何時まででも預かって、待っていてくれるとのこと。
パパとひろぽん、それぞれの職場から自宅にむかったけど
タクシーもつかまらず(たまに通りかかってもすでに誰かが乗っている)、
そのうえ渋滞していて、歩いてるひろぽんが追い越していくほど。

このまま歩いて帰るべきか、どうしようか迷っていたら
パパから連絡があり、職場の先輩が
『早く保育園に行ってあげなきゃなんでしょ?車出してあげるよ!』と、
くださったとのこと。パパの職場付近は、さほど混雑していないらしい。
なんて親切な・・・。
だけどその先輩にも、一緒にいるべきご家族がいらっしゃるので
何度も辞退したそうなんだけど、
それでもいいから、といって下さるので、ご厚意に甘えることにしたそう。

助かります。
ありがとうございます!

保育園にお迎えに行ってもらえることのなったのでひろぽん、いったん職場に戻った。
闇雲に歩いても危険だし、何時になるかわからないので。
職場には、まだまだたくさんの人が残っていた。
または、戻ってくる人たちもたくさんいた。
ひろぽん同様、「歩いてもむだだ。タクシーもつかまらない」
というのが、実際外に出て歩いてみたらわかったとのこと。

12時すぎまで職場にいて、ここで夜を明かすのかなあと思っていたら
地下鉄が復旧して、一部動き出したとの情報が入った。
すごく迂回することにはなるけど、帰れないことはないので
同じ方面に住む後輩と一緒に職場を出た。
そのころパパからも連絡があって、まだ保育園にいけてないという。
途中やっぱり渋滞につかまって、動けなくなってしまったとのこと。
ご家族が待っている先輩にあまりにも申し訳ないので、
何度もお願いして、おろしてもらったとのこと。
そこからは徒歩で、自宅に向かうそう。
どちらが早いかな。。どっちも早くはないけどね。

結局パパは2時すぎ、ひろぽんは3時過ぎに自宅に帰った。
パパもひろぽんも、ずいぶん迂回してずいぶん歩いた。
いい運動になったなあ~
なんて、言ってる場合じゃないか。

その日はもう、あまりにも遅かったので、翌朝早くお迎えに行った。
ほかにもお泊りとなったお子さんが数人いて、
意外と元気そうに「ママー♪」とよってきてくれた。
無事でよかった。。。

まだまだ続く余震。
どうか早く、おさまりますように。
これ以上の犠牲者が、出ませんように。。


いっしょに「餃子」?

つっきーがお手伝いに興味を持ち出した。

餃子を包んでいたら、つっきーがやってきて
「つっきーもやりたい!!」って言う。

いいよ、て受けてみたものの、ちょっと難しかったかな?
でも、よくかんがえればひだひだなんてなくたっていいし。
皮と皮がぴったりくっついてさえいればもんだいない。

そうおもってつっきーに皮にひき肉だねを乗せたものを手渡す。
つっきー、しばし真剣にむきあい、

「できた!!」

差し出されたものを見ると、う~ん、しゅうまいそっくり!
どうしよう?『餃子のときはこう包むんだよ』と教えるべきか。
自由なカタチを楽しませるべきか。

結局教えたりはしないで、自由に楽しく作ってもらうことに。
決まった形にとらわれることはないもんね。

焼きあがった餃子を見て、つっきーうれしそう。
自分でつくると、楽しいね。おいしいね。

くっさ!

コンパクトつっきー
つっきーは鼻がきく。
ほんとにほんとに鼻がいい。

どのくらいいいかというと、
キッチンでバナナの皮をむいたら、
リビングにいながらにして「あ、バナナのにおい!!」
とか言ったり、
海苔を取り出したら「あ、海苔巻きつくるんでしょ!」
とか言ったりするくらい。
わんこなみではなかろうか。。

ある休日の朝、セロリとベーコンを炒めていたら、つっきーがおきてきた。
「あ、つっきーおはよ!」
って、笑顔で声をかけたのに、つっきー、

「くっさ!!」

ひとこと言って、またもとの部屋に戻っていってしまった。

そんな~(T T)

そりゃ、セロリって香りが強いけど。
子どもはあまり好きなにおいじゃないかもしれないけど。
つっきーの鋭い嗅覚には、強すぎるにおいだったのかなあ~。

それ以来、なんだか気が引けて、セロリを買えないでいるひろぽん。
買ってきたらまた、「くっさ!」って言われちゃうかなあー。


superfly

エアギター
ラクのクラスの担任の先生がJPOP好きらしくて、
そのとき頭を流れている曲をなにかと口ずさむらしい。
それでラク、いくつか歌えるようになった。

こないだはマッキーの歌を

「♪もう恋なんてちないなんて、言わないよぜぇたい~♪」

と歌ってた。

今の流行はsuperfly。
「♪愛をこめ~て~花束を、おおげしゃだけど受け取って、
理由なんてきかないでよね♪」

恋だって、愛だって。かわいいなあ。
まだまだ先と思ってても、あっという間にそんな年頃になるのかな。

こおりおに

つっきーもうれしそう
こおりおに、というものが我が家で大はやりしている。

つっきーとラクが保育園でおそわってきたおにごっこの一種で、
おににタッチされたひとは、氷になる。
氷になると、両手のひらを頭上高い位置で合わせた、
切り立った雪山のようなポーズをとって固まっていなければならない。
まだおににタッチされていないメンバーが、「お湯!」といって
氷となったメンバーにタッチすれば、氷が解けてまたゲームに参加できる。
全員が氷となったら、おにの勝ち。といったルール。

これを、毎日夕食後にやっているんだけど、
この疲れること、つかれること。

つっきーもラクも(特につっきー)体力がついてきて、
どんだけ走るんだってくらい、走りまわる。
追い詰めると「キャー!キャアアー!!」と大声で叫んでおおはしゃぎ。
パパや私が「今日はもう、このくらいで・・」といっても、誰も聞きやしない。
「まーだーやーるー!!」と一蹴してまたおにごっこを続けだす。

いい加減疲れたし、もうやめようよ・・って思うんだけど
顔からも、体全体からもあふれる二人の大喜びオーラに負けて、走り続ける。
それに、いっぱい運動したらぐっすり寝てくれていいような気がするし。。

・・・
気がつけば、寝付かせですっかり「ぐっすり寝て」いるひろぽんでした(爆)

お誕生日に歌ううたは?

ケーキを前に歌うは・・
ラクのお誕生日のとき、ケーキを前にしてみんなで

「♪ハッピバースディ、トゥ、ユー♪」

と、はじめようとしたところ、

「ちーがーう!」

と、速攻ラクからクレームがはいった。

「?」
みんなでとまどっていると、

「サンタさんのおうた!」

とラクから歌指定。課題曲があるらしい。
サンタさんのおうた、とは、「あわてんぼうのサンタクロース」のこと。

えーなんでこの時期に、しかもろうそくの立ったお誕生ケーキを前にして
あわてんぼうのサンタクロース歌うの?

なんて考えは即座に流し、今日の主役のご意向を尊重する。

「わかった!じゃ、『あわてんぼうのサンタクロース』歌おう!」

みんなで歌い始める。

♪あわてんぼうの、サンタのラクくん、クリスマス前にやってきた♪・・・

歌いながらふと、考えが頭をかすめる。

何番まで歌うんだろ・・
この歌けっこう長いよね・・
ろうそくの、ロウがたれそうだなぁ・・

そう思いつつ1番を歌い終えた瞬間、
パパがすばやく切り込んだ。

「ハイ!ここまでにしよう!
ラク、おめでとう~(パチパチパチ)!
さ、ろうそくフーって、消してみて?」

おお!パパ、ナイス切り上げ!
すばらしい~。

こうしてラクの、あわてんぼうのサンタクロースによる
お誕生祝いは、ロウがたれることもなく無事完了したのでした。
よかったよかった。

来年もまた、ちょっと変わったおうたを歌ったり、しちゃうのかな~?


 | HOME | 

プロフィール

ひろぽん.

Author:ひろぽん.


来てくれてありがとう!


*script by KT*

*script by KT*

よかったら、ポチリと。

FC2ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログへ

最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー


月別アーカイブ


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。