ハッピー・ラッキー・つっきー!

≫2008年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

便利屋サンタさん

レーズンだいすき
クリスマスが近付いてきた。

街角でツリーを見たり、保育園でお話を聞いたりして
つっきーも、クリスマスは気になる存在になっているようだ。

ひろぽんが探りを入れたところによると、

・クリスマス、というものがもうすぐ来る
・木や家を、ピカピカ飾るようだ
・クリスマスは、楽しいようだ
・サンタのおじいさんが来るらしい
・なにかいいものがもらえるらしい

くらいのことを、つっきーは認識しているようだ。

多分去年はクリスマスも、なぜプレゼントがもらえたのかも
わかっていなかったと思うから
今年はじめて、クリスマスを楽しむことになるんじゃないかな。

さてそんなある夜、パズルにいそしむつっきー。
寝る前に2回はやらないと、寝なくなってしまった。
寝る時間がどんどん遅くなってきていて、ママはすこし心配している。
つっきーが2回目をやると言い出して、承知したんだけど
そのくせなかなか始めようとしない。
どうしたんだろうと思ってみると、つっきーは脱いだ自分のくつしたに、
パズルのピースをどんどん詰め込んでいる。
「つっきー、パズルしよ?くつしたにパズルいれないよー。」
って言っても、例のワルい顔するばかりでやめようとしない。

このままだと、寝るのが確実に10時過ぎになってしまう・・

どうしたものかと思っていて、ふと思いついて試してみた。
「つっきー。サンタさんは、くつしたにプレゼントいれてくれるよ。
つっきーのくつした、パズルでいーっぱい!
だから、サンタさんプレゼント入れられないかも。
つっきーだけ、プレゼントもらえないかもー。」

するとつっきー、ハッとなって、次々とピースをくつしたから出した。
なんてかんたんな!なんて強い、サンタクロース効果!
サンタさんが来るからいい子にしてようね~なんてこと、
決して言うまいと思っていたのに!
こんなパワーがあるとわかると、ついつかってしまいそうだ。

それにしてもサンタさん。
助かりました。ありがとう~。

スポンサーサイト

つっきー、すごいよ!

くれよん
つっきーがパズルに大ハマリ中だ。

もとは、保育園ではまっているようだったので
自宅用にも買ってみたら、すっかり夢中に。
朝起きてすぐ、朝ごはんの前にパズル。
帰ってきて晩ごはんの前にパズル。
晩ごはん後、またパズル。
寝ようとすると、「もっかい!」と言って最後のパズル。
保育園でもやってるんだろうから、一日何回やってるのか。
まあでも、それだけ夢中になれるっていいことだよね。

そんなパズル大好きなつっきーだけれど、
新しいパズルを買ってすぐは、「できないー!!!」と
怒り泣きみたいになってしまう。

それをパパとふたりでかわるがわる、
「つっきー、パズルじょうずだよ。つっきー、できるよ。」
と言い聞かせていたら、
そのうち自分でも「つっきー、できるよ。」と言い出した。
さらに、どんなメロディだか知らないけれど

♪きみは、できる、かなあ~
できる、できる、ぐるん、ぐるん♪

なんて歌を口ずさみながらやるようになった。
ぐるん、ぐるんの意味は不明だけど、とにかく心強い前向きソングだ。

つっきー。自分で自分を励ませるって、いいね。

立ちたい!

ハイハイのつぎは・・・
ラクがつかまり立ちをし始めた。
ハイハイをし始めて、まだひと月くらいなのに。
早くてびっくりだ。

ハイハイは内臓を鍛えるからいい、とか聞くので
まだもうしばらくは、四ツ足生活でいいと親は思っているけど
本人はそうじゃないらしい。

つかまれそうな高さのものがあったら、ハイハイしながら毎回のように
「これはちょうどいい取っ掛かりはあるかな」
って顔して見上げてる。

見つかれば即、手をかけてなんとか立ち上がる。
でもまだまだ足が立つことに慣れていないから
なぜかつま先立ちになって、プルプルしている。
そのうちに、手のちからも限界に達して「エーン!!」となるか、
手をすべらせてコロンとひっくり返って、「エーン!!」となるか、どっちかだ。
つまり結局毎回、エーン!!となるわけだ。大変だなあ。

なのに懲りもせず、すぐまたチャレンジしている。
ラクはよほど、立ちたくて仕方ないらしい。

このままいけば、つっきーより早く立つようになるかも。

出張

あしー
久しぶりに出張に行ってきた。
週末、豊橋へ。

2日間にわたる仕事だったので
通常だったら泊まりになるのだけど
子供が小さいからということで、日帰りで2往復した。
星がまたたいている中出発したり、
最終日は日付が変わりそうになってからの帰宅になったりして
けっこうハードだったけれど、
それよりもつっきーとラクのことをみててくれた
パパが、いちばんハードだっただろうなって思う。
パパ、おつかれさまでした。

疲れているだろうに、笑顔で送り出してくれて本当にありがとう。
おかげで無事行ってこれたよ。
ありがとうね。

今度の週末は、ぜひパパにはゆっくりしてもらいたいな。

やっぱりメロン

2人だとおちつく~
ラクは甘えっ子らしい。
抱っこされてないとないちゃったりするし、
視界に誰かいないと、「ワア、ダア」って声を上げながら
必死な顔で探しにきたりする。

そんなラクに、つっきーが最近ますますやさしい。
ハイハイしながら泣きそうなラクに、
「ラクくーん。大丈夫だよー。」って、
背中トントンしながら顔を覗き込むようにして声をかけてあげたり
「ママー。ラクくん泣いちゃったよー」ってママに知らせにきてくれたりする。
もちろん、いつもいつもってわけじゃないけれど。
でも、けっこうかまっているほうなんじゃないかなって思う。

そんなつっきーは、ラクにとって安心できる存在なのか
つっきーがいれば、ママがいなくても泣かなかったりする。
つっきー、早くもママ代わりか。すごいぞ。

そんなあるとき、いつものようにラクが「エッ、エッ」と泣きかけた。
それを見たつっきー、トコトコおもちゃ箱のところへ行き、がさごそ。
何を探しているのかなと思ってみていたら、
メロンパンナの指人形を探し出して、ラクのところへ。
「はいラクくん、メロンだよー。」

つっきー。やさしーい!
ママは感激しちゃったよ。

それにしても。
ラクが生まれたてのときから、
つっきーにとって『ラク=メロンパンナ』だったけど
それって今も変わらないんだね。

ほくろ、泳いでる!

くるしゅうない

お風呂のたびに、ママのほくろが気になっていたつっきー。
すべての赤ちゃんがそうなのかは知らないけれど
生まれてからつい最近まで、つっきーにはほくろが一個もなかった。
だから余計に気になっていたみたい。

そんなつっきーにも、最近になってひとつ、ふたつとほくろが現れだした。
つっきー、大喜び。
お風呂のたびに、今度は自分のほくろを確認している。
腕にひとつ。おなかにふたつ。足にひとつ。
まだまだ増えていくのかな。

そうして確認し終えた大事なほくろとともに、浴槽へ。
するととつぜんつっきーが叫んだ。

「ほくろ、泳いでる!」

見ればお湯の流れに翻弄されて上下する、黒い毛玉が3つ。
はあん、浴室乾燥で干した衣類の毛玉だな。
ってひろぽんは思ったけれど、ここはひとつつっきーにノッてみることにした。
「ほんとだ!ほくろだ!つかまえよう」
「ちゅかまえよう」

そうして浴槽内でのほくろ捕獲作戦がはじまった。
つっきーが見つけ、ひろぽんがほくろたちを上層部に誘導し、素手で捕獲。
洗濯洗剤の箱に入っていたスプーンにお湯と共に入れて、つっきーはにこにこだ。
「みて。ほくろ、泳いでる~。」

楽しかったのはいいけど、まさかつっきー、「飼う」とか言わないよね…?

ブツブツいっぱい

ブツブツでたよ~
ラクの熱は、3日ほどですっきり治まった。

ああよかった~風邪だったのかなって思っていたら、
入浴時、おなかに大量のブツブツを発見!
突発だったみたい。

ラクはもうすぐ9ヶ月。
つっきーも、9ヶ月のとき突発かかったなあ。
そしてそのとき、けいれんやっちゃったんだよなあ。
そのときと比べたら今回は、熱もそこまで高くなかったし
けいれんもなくて、ほんとによかった。

このところ風邪気味だったり今回の発熱があったりして
つっきーはお外に遊びに行っても、
ラクはおうちでお留守番ってことが多かったけど
今度の週末は、またみんなでおでかけできるかな。

ぐっすりだねえ
ラクが熱を出したと園から連絡があった。

お迎えに行くと、38度台の熱。
病院で診てもらったら、「おそらく風邪でしょう」とのこと。
発疹とかは出ていないので、突発かどうかはまだわからない。

翌日はつっきーは園に預かってもらい、ラクと二人でおうちで過ごした。
午前中はとくに、熱が下がってきて割合元気だったこともあって
「仕事を休むのはきついけれど、こうしてラクと二人っきりで過ごすのも悪くないなあ」
なんて思ってしまった。
一日中いっしょにいられる休日であっても、
いつもはどうしても自己アピールの強いつっきーに注目しがちで
ラクの小さな表情の変化を見逃したり、
せっかくこちらに向けてくれた目線を受け止められずにいたりするから。

それにしても、よく「男の子のほうが弱い」って言うけど
今のところラクより、つっきーのほうがよく熱を出してよく休んだなあ。
つっきーは中耳炎になってしまったってのもあって、本当に大変だった。
週2日も耳鼻科に通い続けて。
それを思うと、ラクは元気だ。すごく、たすかっている。
ラク。ありがとう。

つっきーの病院通いも呼び出し電話も、あのときは大変だったけれど
今では忘れることのできない、大切でなつかしい記憶だよ。
つっきー、ありがとうね。

暗示

くれよん
つっきーはパズルが大好きだ。
けっこう集中してやっていて、あるときひとりで全部できたので

「つっきーパズル上手!すごい!つっきー、できるよ。」

と言ったところ、みるみるうちににま~っと笑った。
うれしくてたまらないらしい。

そこで、パズルをはめ終えるたびに、
「つっきー、すごい。」「つっきー、できる。」
って言っていたら、なにやら自信のようなものがめばえてきたらしい。

今じゃパズルをはめながら、「つっきー、できるよ。」とか言ってる(^▽^

暗示かもしれないけど、
これでつっきーがパズルやほかのことに、より熱中できたり
より楽しんでできるようになったらいいな~。

一列縦隊

おやつ~
ラクがハイハイしはじめて、約1ヶ月。
気がつくとけっこう、つっきーのあとを追いかけて移動したりしている。
つっきーは歩き(というか、だいたい小走り)で
ラクはハイハイなので、当然追いつけない。
差が開くのを、必死でハイハイしてついていくラク。
おかげでだんだん、ハイハイもはやくなってきたね。

そんなある日、
「ラク、こっちだよ!」
なんて声が聞こえて目をやると、
つっきーがハイハイでラクを先導していた!

つっきー…。やさしいのぅ。

ラクはにっこり笑顔、つっきーも笑っててたのしそう。
思わずママも乱入しちゃったよ。
3人でハイハイ。目が合うと、なんだか気分盛り上がる。
目線が同じって、なんかいいね。

ひみつきち!

ひみつきち!
つっきー、相変わらず掃除機が大好きだ。
もう1年以上も、掃除機を出すたび絡んでくる。

最初のころは、後追いとかだったけど、
今は「つっきー、かける~」といって奪いに来る。
掃除はなかなかすすまない。
掃除機が好きなんだか、じゃまするのがいいんだか。
どっちもかもしれない。

あまりにかけられないので、思いついて
つっきーとラクをベビーベッドに隔離してみたら、

思いがけず大好評!
つっきー、大きな声を出してよろこんでいたよ。

ひみつきち、みたいだよね~。

こわごわ

かんじゃうぞ~
下の歯2本からしばらく経って、
上の歯2本も、順調に生えてきたラク。
そしてママにとっては、受難のときがやってきた。

おっぱいを、かまれる(> <)

ずっとかみ続けるわけじゃないけど、
ちゅっちゅと吸っていて、ふと思い出したようにガブ!とかまれる。
あまりの痛さに、「あぁッ!!」と声を上げてしまい、
ラクはビクッとして口を離し、私の顔を「?」という表情で見上げる。

ああ。ごめんごめん。痛くて、つい。
でもラクはびっくりしちゃうよね。

まさに同時進行で離乳食も進めていて、
そこではカミカミを推奨しているんだから
おっぱいも、かんでしまうのはしかたない。
でも一方では、安らぎのひとときだった授乳が
けっこうドキドキな時間になりつつあることを、残念に思う気持ちもある。

いつまで続けられるかな。
できれば1歳になるまで、続けたいと思っているけど、どうかな。。

ワルいつっきー

むぅ~
つっきーが、「ワルいかお」を覚えてきてしまった。

両目を可能な限り左ななめ上に寄せてつくる、その表情。
たぶん、保育園でお友達がやっててまねしたんだと思うんだけど。
ほとんど白目みたいになったつっきーを見て、
「わあ、悪いつっきーになってる」って言ったらかえってよろこんでしまって
いまじゃ「ワルいつっきーできるよ」と言って
毎日のように白目を見せてくる。

ワルいかおをしたあとすぐ破顔するところをみても
ヘンな顔を作ってるって意識はあるみたいだけど。
だからこそ、注意するとかえってやるようになってしまって。
こまったもんだ。

あの独特のきつい目つきがくせにならなきゃいいけど~
でも心配しなくても時期飽きてしなくなるかな…?

いっしょにこねこね

つっきー、パンつくったよ!
園での小麦粘土にはまっているらしいつっきーに、
「いっしょにパンつくろうよ」って声をかけてみたところ、
笑顔でとんできた(^▽^

いっしょに作ったのは、つっきーの好きな干しぶどう入りパン。
「好きな形やキャラクターの形に作る」って年齢にはまだほど遠いつっきー。
それでも一生懸命まるいかたちに整えて、満足そう。
つっきーが作ってくれたパンには、上にレーズンでしるしをつけて、できあがり!
明日の朝が、たのしみだね。

・・・

翌朝、発酵して膨らんだ焼く前のパンを見てみると、
発酵がうまくいったおかげで、レーズンはみんなパンから落ちてしまってた。

う、どれがどれだか、わかんなくなってる~。
もっと深く押し込んでおくべきだったかな。

つっきーのよろこぶ顔みたさに、「多分コレだった」ってパンに
ポンポンレーズンを乗っけてオーブンへ。
焼成中のふくらみでまたもずり落ちたレーズンを再度のっけてつっきーに出したら
つっきー、すごくよろこんでくれた。

「これつっきーつくったよ!」なんてパパやママに報告してくれる姿をみて
ちくっと胸が痛かった。

つっきー、ごめん。それじゃなかったかも。

でも、つっきーがこねて成形したって事実は、かわらないからね。

ころろん

あっ!
ラクがしょっちゅう、こうなっている。

障害物を越えるのがすきなようで、
とくにベビーベッド下の横木(?)を乗り越えようとする。
でもまだ自在に越えられないし、体まるいしで
すぐに横転してしまう。

ウエーンとなる直前の一枚。
「ママ、抱き上げずにカメラ取りにいったよ」
なんてパパに揶揄されつつぱちり。
だって、こんなかわいいところ、
残しておかなきゃもったいないもんね~(´▽`*

 | HOME | 

プロフィール

ひろぽん.

Author:ひろぽん.


来てくれてありがとう!


*script by KT*

*script by KT*

よかったら、ポチリと。

FC2ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログへ

最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー


月別アーカイブ


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。