ハッピー・ラッキー・つっきー!

≫2008年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずりばい開始?

うつぶせ寝
ラクの動きがますます活発になってきた。

床に腹ばいにして遊ばせていたら、
欲しいおもちゃや目標物になんとか届こうと
手を伸ばし、足をばたつかせてがんばる。
見守っていたら、けっこう動いて回転もして、
どうにかこうにかではあるけど欲しいものを手に入れていたみたい。

1m以内の移動、これはまだずりばいとは呼べないかな?
でも、もうあとすこしで動き出しそうなラク。
誤飲とかおもちゃの取り合いとか、大変になりそうだけど
活き活きたのしそうなラクを見るのがとってもたのしみだよ。
スポンサーサイト

いっしょに抱っこ

ほら、ラクもにっこりちて!
ラクは当然まだ歩けないので、おうち内で移動するときは常に抱っこする。
最近つっきーがこれに反応するようになってしまった。
軽くしっとしてるのかな。

保育園からおうちに帰って、げんかんで靴をぬぐと、さっそく「だーっこ。」
抱っこでリビングまでつれてきて一息。
こんどはお風呂にはいろうとするとまた、「だーっこ。」
お風呂場に、抱きかかえてつれていく。
お風呂から上がるとまた「だーっこ。」
やらないと瞬時に大泣きするので、
しかたなくリビングまで抱っこで連れて行く。

しかもどの場合も、「いっしょにだーっこ。」と言い、
ラクと自分を同時に抱っこしてくれと要求する。
右腕でつっきーを、左腕でラクを抱きかかえながら、
ああ今私、10kg入り米袋をふたつ抱えている・・・とか考える。
腰を痛めないようにしなくちゃ。

保育園ではこんなことないのに、おうちに帰りついたとたん毎晩こんな感じ。
夜は、甘えたくなるのかな。

甘党?

ラクごはん
7ヶ月のラクは、ただいま2回食。
いまのところ、日中は保育園であげてもらえるので
休日のみ、用意している。

きのうのラクごはんは、おかゆと、かぼちゃの煮物をペースト状にしたものと
お豆腐を同じくペースト状にすりつぶしたもの。
なんでもパクパク食べてくれていたラクだけど、最近変化があった。
おかゆを続けてあげていると、じたばたして拒否する!
それでもあげていたら、泣き出してしまう。
でも、かぼちゃやおいもペーストをあげたら、ピタリと泣きやむ。
これは園でも同じだそうで、先生と我が家のあいだでは、
『ラクは甘党』という認識で一致した。
小さいころの味覚だから、また変化するんだろうけどね~。

それにしても、もう少ししたら毎日朝晩、つっきー、ラク、パパとママの
3種類のゴハンを用意することになるのか~。できるかな、私。
手早く、おいしく、ワンパターンにならないように。
よろこんでもらえるゴハンをつくれるよう、がんばろうっと(^▽^/

あちゅまれ~!

えだまめ
まめ類はけっこう好きなつっきー。
硬いものは苦手だけど、やわらかければ好きみたいで
納豆はもちろん、えんどうまめや金時豆も良く食べる。

枝豆も、好きなまめだったけど
自分でさやから出すことができなくて、いつもパパに出してもらっていた。
ところが先日、パパがさやからの出し方を特訓したら
つっきー、自分でさやから枝豆をとりだすことに成功!
自分で出すことにハマったようで、
それからはひたすら枝豆とむきあって、さやを押していた。
すこしずつだけど確実に、自分でいろいろできるようになってきているね。

そういえば以前は、ママがやっていた「お皿の最後の一口あつめ」。
気がついたらつっきー、自分でできるようになっていた。
しかもそのとき、「あちゅまれー!」って掛け声をかけている。

何に対して?お皿に残ったごはんつぶ達に対して?(^ー^*
最後のひと粒まできれいに食べようって意識を持ってくれて
パパもママもとってもうれしいよ。

ラク、7ヶ月になる

お口開いてる~
先週の金曜日でラクは7ヶ月になった。
ほんとうに早いなあ。

今のラクのこと、忘れないように
いや、忘れてしまっても思い出せるように、書いておこう。

・愛想がよくて、人と目が合うとニッコリ笑う
・ミルクやごはんがおいしかったりすると(たぶん)、
 足をピョンコピョンコ弾ませてよろこぶ
・ますます大きな声をだしてお話してくれる
・離乳食が2回食に。おかゆより、おいもやかぼちゃのペーストなどの
 甘いものがすきみたい。最近おかゆを続けてあげると、泣く。
・さみしがりやさんなよう。視界に誰も人がいないと、泣く。
・お風呂大好き。泣いていてもお湯につかると、笑顔になる。
・だいぶ長いこと、おすわりできるようになった。
・腹ばいも長くできる。
・目当てのおもちゃに手を伸ばして取れる。
・ハイハイはまだ。一度、微妙に後退してた。

愛想がよくて人見知りもないラクは、保育園の人気者らしい。
ずっとこのまま、人当たりの良いラクでいてほしいなー。

難題

ちょっとダンスっぽい?
以前買った『あいうえおカード』にセットとして入っていた、あいうえおの本。
「あり」とか「いぬ」とか「うさぎ」とかのイラストと名前が、その内容だ。

「あり」のところでひろぽん、うたを歌った。
♪あんまりいそいでごっつんこ
ありさんとありさんがごっつんこ~
・・・

そしたらつっきーが、つぎの「いぬ」のところで
「ママ、うたって。」と言う。
うーん。あ、そうだ。
♪い・ぬ・のー、おまわりさん
困ってしまってワン、ワン、ワワン♪ワン、ワン、ワワン♪

「うさぎ」でもまた、「ママ、うたって。」
♪うーさぎ、うさぎ
なに見てはねる
じゅうごやおつきさま見ては~ねる♪

「かたつむり」「歌って。」
♪でーんでん、むーしむし、かーたつむり~
・・・

「きりん」「歌ってー。」
♪きーりんさん、きーりんさん、どうしてー
お首がながーいのっ
・・・

「きつね」「うたってー。」
・・・。えーっ。そりゃ難題だよー。
う~ん、う~ん、

♪ゆーきやコンコン、あられやコンコン
降っても降ってもまだ降り止まぬ♪

く、くるしい。
となりでつっきー、いぶかしい表情で聞いている。

♪きつねは喜び庭かけ回り、
ねーこはこたつでまるくなる~♪

はあはあ。内容的にも季節的にもくるしかった~。
ママ、試されてる芸人みたいな気分だったよ(--;

お料理だいすき

つっきーはお料理が大好きだ。

毎日のように、テニスボールの空き缶をお鍋にみたてて
シロフォンのスティックでくるくるかき混ぜる。

今日のお鍋の中身は チェーリング オムライス。
「いま、オムライチュつくってるの」とかいいながら
忙しそうにかきまわし続ける。
シャボン玉の液が入ったミニボトルを振りかけるそぶりとともに
「ちお!」「こちょう!」とか言ってる。
調味料ごとにボトルを変えたりして、ほんとに忙しそう。
私、こんなにあわただしそうにお料理してるのかな。

しばらくして、「でちた!」と宣言。
満足そうなつっきーをからかいたくなって、
「あれ?つっきー、味見はしなくていいの?」ってそそのかすと
はっ、という顔をして味見をしだす。

無事にオムライスが完成したようで、みんなにふるまわれた。
「ほら、ママもたべて。」
ママが「おいしい!つっきー、お料理じょうずっ!」って褒めちぎるのを
つっきーはいつも、うれしそうに聞いている。
お料理に限らず、このほめられた感が、将来つっきーの自信やモチベーションに
すこしでもつながるといいなあ。

写真は、めがねポーズのつっきー。
♪とんぼのめがねは~
保育園で歌ったお歌の再現かな。

淡水魚水族館

カメラにも慣れました~
昨年の秋に年パスを購入した、ほど近くにある水族館。
ことあるごとに、何回も訪れて
今では軽く、飽きたような感じがでてきてしまった。

なので今回は、水族館の別館の、「淡水魚水族館」に
いってみることにした。
同じ敷地内にあるというのに、いくのは今回が初めて。
どんな感じかな~。

入ってみると、そこには湖沼を再現したような水槽がひろがり
フナやらなにやらの、くろっぽい小魚たちが、のんびり泳いでいた。

泳いでいる魚たちにしてみれば、メインの水族館もこの淡水魚館も
似たり寄ったりなテンションで泳いでいたんだろう。
でも、水槽に群がる人気が全くないこの淡水魚館では
(見ているあいだにすれ違った見学者はたったの3組!)
魚たちものんびり、なんの気負いもなく泳いでいるように見えるから不思議だ。

淡水魚たち、熱帯魚のような華やかさはないけど
ひろぽんにとっては、幼いころ駆け回って魚とりなどをしていた
実家近くの湖に似ていて懐かしくなって、つっきーとラクをほったらかして見ていた。
つっきーはつっきーで、ひとり楽しくいろんな水槽を見回っていたみたい。
ほとんど貸切状態で、ちょっとくらい目を離していても迷子になりようもないので
ひろぽんも久しぶりに、水族館でおさかなをじっと見て楽しめた。
普段だと、水族館に行ってもみてるのはわが子だったりするから(^^;

いろいろなパネル展示やミニ水田などもあってけっこう見ごたえもあって
満足して淡水魚館をあとにした、そのあたりで
家族の体に異変が現れだした。あちこちが痒い!

調べてみたら、パパは首筋その他、
つっきーは手足、ひろぽんは足をばっちり蚊に刺されていた。
ミニ水田とかのたまり水もあったしなあ。やられた~。

とくに災難だったのはラクで、みんなよりいっぱい刺された上
免疫がないからか赤く大きく腫れあがってしまって、夜は大泣きだった。
ちゃんと見てなかったのがいけなかったよ。ラク、ごめんなさい。
一日経ってもまだ赤いラクの虫さされをみて、胸が痛かったよ。

6ヶ月健診とDPT①

ぐっすり~
おくればせながら、ラクの6ヶ月健診に行ってきた。
おすわりもだいぶじょうずになってきて、
「とっても順調!」とのこと。
そう信じていても、やっぱり信頼する先生から言ってもらうと
安心感が違うね。よかった~。

そのあと、予防接種も受けた。DPT一回目。
3ヶ月も前に受けようとしてたのに
ひろぽんのうっかりのために受けられず、
そのままちょっとした風邪やらなにやらで
延び延びになってしまっていた予防接種。
やっとやっと、受けられたよ、よかった。
ここから巻き返さなきゃ!

痛いと評判のDPTだけど、
ラクは一瞬「ふぇ」と崩れかけただけで持ちこたえ、
結局泣かなかった。えらい。
それとも、先生のウデがいいのかな~?

学びの過程

おいちっ!
言葉が増えて、毎日しゃべりまくっているつっきー。
遊びに集中しているとき以外は、
朝起きてから夜寝るまで、ずーっとしゃべっているに近い。

つっきーに「おなかすいたー」と催促されて、ごはんのしたくをしていると
つっきーがトコトコ寄ってきて、
「ねーねーママなにしてるの?」と聞く。
「ごはんの準備だよ。」と答えると、
「じゅんび。」と繰り返す。

すぐにまた、
「ねーねーママなにしてるの?」と聞くので、
「ごはんの準備。」と答える。これが、続いていく。

「ねーねーママなにしてるの?」
「ごはんの準備。」
「ねーねーママなにしてるの?」
「ごはんの準備。」
「ねーねーママなにしてるの?」
「ごっは~んの、じゅんびっ!」
「ねーねーママなにしてるの?」
「つっきーごはんの準備だよ~。」
「ねーねーママなにしてるの?」
「ごはんの準備ぃ・・・。」

同じやり取りが、
10回以上も繰り返されて、いやになってきたころ
つっきーの言葉に変化が現れる。

「ママ、ごはんのじゅんび、ちてるの?」
おお!やっと、つっきーの脳みそに届いたらしい!
ひろぽん、勢い込んで答える。
「そうだよつっきー!ママ、ごはんの準備してるよ。」
「ママ、ごはんのじゅんびちてる。」
繰り返すつっきーは、こころなしか一回目よりなめらかに言えるようになっている。

こうやって、子供はことばを覚えていくのかな。
だとしたら、何回も何回もくりかえす問いかけに
ママもちゃんと向き合って、答えていこう。

おつきまさ、半分こ

ねちゃう~


保育園からの帰りみち。
夏の一時期より、ずいぶん日が落ちるのが早くなって
今ではすっかり暗くなった空の下、つっきーとラクと、三人で帰っている。

今日は月が出ていた。
ちょうど、半月くらいの月。
それを見たつっきーが、「おつきまさ(お月さま)、半分こしてる。」
そうかあ。半円って、つっきーにとっては半分この形なんだね。
半月をそんなふうに考えたことがなかったから
その見方、すごく新鮮に感じたよ。

お月さまは、誰と半分こしてたのかな。

おすわり

ラク、おすわりができるようになった!

前のめりに手をついて、ちょっとフラフラしながらだけど
自分ひとりでしばらくそうやっていられるのだから
これは「おすわりできた」って言っていいのかな。

前傾姿勢になってるんだけど、
周りのことは見たいから、どうしても上目遣いみたいになって
なんだか、目つき悪いラクになる。
でもそれも、とってもかわいいうふ

でもちょっと目を離すと、ころんとそのまま横倒しになって
自分の下敷きになってしまった手を抜くことができずに
泣いてしまったりする。まだまだ、赤ちゃんだね。

こうして少しずつ成長していく過程が、とっても貴重に思えるよ。
この段階は、あとにも先にも今しかないから。
ラクも将来これを見たら、自分にもこんなときがあったのかあ、
なんて思うのかなあ。
そう思えるころには自由自在、走り回れるようになってるんだろうなあ。

写真はソファに座るラク。
プチおすもうさん
なんか、しこのあとのポーズっぽい(--;

はくしゅ~

最近、つっきーが苦手なおかずを食べたり
ちゃんとお片づけできたりしたとき、
「すごい!つっきー、エライ!はくしゅ~」
って褒めちぎっていたら、つっきー、自分でも言い出した。

「しゅごい!エライ!はくちゅ~」
いいながら、右手を差し出してくる。
「?」と思いながらママも差し出すと、
つっきーが手のひらをあわせてきた。
ああ、そうか。これは、「あくしゅ」だったんだね。

納得していると、握手のあとすかさず、拍手をしている。
つっきー、どうも拍手=握手+拍手、って思ってるみたい。
はくしゅとあくしゅ、確かに似てるもんね~。

写真は、スカートをはいて興奮ぎみのつっきー。
しゅかーと!!
保育園じゃスカート、禁止だもんね。
でもだからって、めくって見せてくれなくていいんだよ~。

そーっとね

食べるのだいすき!
パクパク食べ始めて一息つくと、
つっきー、スプーンやフォークで器や机を
コンコン叩いて遊ぶようになってしまった。

「だめよ」って言うと、面白がってますます叩くので
ひろぽんもひと思案。そーっと、叩いてもらったらどうだろう?

つっきーがいつものようにコンコンカンカン、たたき出したところを見計らって
「シーッ!・・・・しずか~に、叩くよ。
と、しずか~に、言ってみた。

すると、つっきー、ゲーム感覚で面白がって、・・・コン、と器のヘリを叩いた。
すかさずひろぽん、黙って首をふって、「もーっと、しずか~に。
つっきー、ますます目をきらきらさせて、・・・コン。
それに対してひろぽん、大きくOKのジェスチャー。
さらに「すごいよつっきー!すごい。じょうず!
って、ごくごく小声で耳打ちすると、つっきーはますますノってきて、
コン。・・・コン。・・・コン、コンッ。と、ひたすら静か打ちの練習を始めた。

うまくいった。かわいいもんだ(^ー^d

だけどふと気がつくとつっきー、最初のときよりハマっている。
あれれ。近所迷惑は回避できたけど、これはこれでまた問題かも。
今度はどう言えば、食事に戻ってきてくれるかなあ~。

ウミガメに助けられて

スタイでポーズ!

九州から、おじいちゃんおばあちゃんが遊びに来てくれた。
久しぶりに、水族館にいってみることに。

前回は、魚たちに夢中のつっきーが、
興奮のあまり人見知りを忘れて
わりとすんなり、おじいちゃんおばあちゃんと
打ち解けてくれてうまく行った。

だけど今回は、水族館にもかなり慣れていて
以前のような夢中さや興奮がなかったからか
つっきー、なかなか打ち解けてくれなかった。

そんな中、つっきーがいつもと違う見学コースを
進むと言い出した。
階段を登って、水槽の上部を眺めるコースだ。
水面近くを泳ぐ魚たちの背中が少し見えるけど、
色鮮やかな側面や海中深くの魚たちはまったく見えないので
やっぱり、通常コースに比べると、見所には欠ける。

そんなコースに行ったら、ますます打ち解けるきっかけが
減ってしまうじゃないの!

ってひろぽんは思ったんだけど、だまってつっきーの希望に従った。
慣れないおじいちゃんおばあちゃんに囲まれて、
軽くナーバスなつっきーにそんなことを言ったら
打ち解けるどころか、ひと修羅場だ。

上部から見る水槽は、案の定いまひとつ。
いつもと違った角度から見られるってところは面白いけど、
やっぱり、水面近くにいないと見えづらい。
そんなとき、ぷかりと何かが水面に浮かんできた。
ん?これは・・・ウミガメだ!!
小さなウミガメのまあるい甲羅に、つっきー大興奮。
おじいちゃんがここぞとばかりに、
「おや。つっきーさん(やっぱり「さん」づけ)、ウミガメですよ」
と情報提供。つっきーも、自分が張っていたバリアを忘れて
「カメ。ウミガメ。」と復唱。
これをきっかけのようにして、ついにつっきー、
おじいちゃんおばあちゃんと何とか打ち解けられた。
ウミガメさんのおかげだよ。ありがとう!

ラクはといえば、終始ごきげん。
ミルクの時間が遅くなったのに、グズりもせずに静かに待ってくれた。
そしておじいちゃんおばあちゃんと目が合うと、
にこーっと笑顔を見せてくれた。
ラク。ありがとう。


 | HOME | 

プロフィール

ひろぽん.

Author:ひろぽん.


来てくれてありがとう!


*script by KT*

*script by KT*

よかったら、ポチリと。

FC2ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログへ

最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー


月別アーカイブ


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。