ハッピー・ラッキー・つっきー!

≫2008年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さいって、こういうこと

なんか・・・落ち着かない

ラクは、2,265gと小さめくんだった。
産む前に先生は、「36週は過ぎているし、ぜんぜんだいじょうぶ」
っておっしゃっていたけど、
やっぱり小さいと、いろんなところが未発達だったり弱かったりして
ほかの平均的な赤ちゃんにするのとはちがった対応が必要だった。

まず、生まれてすぐ、保育器へ。
小さなケースに隔離されたラクは、ますます小さくか細くみえて
それなのに、この腕に抱っこすることもできなくて、とても切なかった。
異常なしと診断されて、無事出られたときはほんとにうれしかったなあ。

それから授乳しようとしたけれど、うまく吸えなかった。
小さくて、吸う力が弱いから、乳首から直接吸い出せない。
仕方ないので、自分で搾乳して哺乳瓶で飲ませることになった。
授乳って、この上ないわが子とのスキンシップができる
幸せな時間だと思ってきたけれど、
これが搾乳しての授乳となると、状況は一変。肉体労働となる(T T)
とくに3-4日目。母乳は次第に多く作られだしているのに、
吸ってくれる人がいなくて開通が不十分でなかなか十分に出すことができず、
石のようになるまでに硬く張ったおっぱい絞りを何時間も続けていたとき。
おっぱいは痛いし手は腱鞘炎になりそうに疲れるし。
あのときが、一番つらかった・・・。

今も搾乳しての授乳だけど、無事開通したようで、随分楽になった。
だけど今度は、黄疸が少し高めに出たとのことで、
一部母乳をミルクに差し替えてみることに。
ミルクのほうが、黄疸が出にくいとのこと。
ただ、母乳は飲ませなくても絞り続けたほうがよいとのことで
必死で絞った母乳を、ざばっと捨てる日々。
これがまた、なんとなくせつない。

はやく母乳を、それもじかに、飲んでほしいなあ。
今はまだ力がないけど、平均的な体重になってきたら
きっと力もついて、ゴクゴク飲んでくれるんじゃないかな。
そう信じて、今日も母乳を搾り捨てた。

そのほか、目の異常がないかの検査、こまめな体重検査、厳重な保温…。
少しだけ小さいってだけって、こんなにも弱いものなんだ。いろんな用心が必要になるものなんだ。
初めて知ったよ。

ところで、小さいならではのよさもある。
それは、ほとんど泣かないこと。
泣いても、とっても弱い声。あ、これって喜ぶべきことじゃないか。
でも、だんだん、少しずつだけど力強く泣くようになってきたから
今しばらくのゆとりと思って、今は喜んでいてもいいかな。
きっと間もないうちに、あのころのおとなしさはなんだったのーってくらい
大声で泣くようになるのだろうから。
怖いけど、でも元気に泣いてくれるのが楽しみだよ。
スポンサーサイト

スピード産

保育器の中で

今回も、かなりのスピード産だったと思う。
出産前最後の記事をupした3時間半後には、
ラクはもう産まれていたんだもの。

朝からおなかが痛くて、張ったりやんだりしていたけど
まだ十分に週数行ってないから
なんとか、陣痛に発展しないでくれたらなと
横になってじっとしていた。

それでもおなかの痛みがおさまらなくて、
だんだん強く、間隔せまくなってきたので
病院にいくことにしたのが14時ころ。
16時前に病院にはいって、診てもらったら子宮口は4cm開いていた。

分娩を待つ部屋にはいると、カーテンで仕切られた隣のベッドに
同じように分娩を待つ妊婦さんがいて、時折苦しそうな声が聞こえてくる。
大変そうだなあ、ガンバレ、なんて思いつつ、
陣痛の波がやってきたら、自分もウンウンと苦しい声をあげた。
出産後、入院中の食堂で話を聞けば、
その人も私の苦しむ声を聞いて「ガンバレ」って思ってくれてたそう。
お互いに、励ましあっていたんだね(^^*

陣痛室で1時間もしないうちに、子宮口が7-8cm開いて分娩台へ。
ここでも、仕切りのむこうから、さっきまで隣のベッドにいて
先に分娩室に入った妊婦さんの苦しそうな声が聞こえてくる。
がんばれ。がんばって。

陣痛の波の最中は、さすがに思考が停止する感じだけど
波がきていないときは、頭は結構冷静で、いろんなことを考える。
つっきーどうしてるかな。
夫は無事つっきーをつれてこちらに向かってくれているだろうか。
用意しておいたカレー、食べてくれたかな?
そういえば、今回パパはつっきー連れだから、立会いはできない。
ってことは、到着後に生まれたほうがいい、ってこともないのかな。
あまり待たせると、つっきーがぐずっちゃうだろうし。

先生や、助産師さんたちの声が聞こえてくる。
「どっちが先?」「あちらも進んではいるけどね」
「ゆっくりと、だね」「こちらが早いかもね?経産婦さんだし」
うむぅ。出産がかぶっちゃうと助産師さん方もたいへんだよなあ。
さあ、きた!ってなったら、やっぱりどちらかに集中したいだろう。
ここはひとつ、私ががんばって先に産んじゃうべきかな。

じっとしているとなんとなく収まってきそうな陣痛を呼び起こすべく
腰を浮かせたり、ひねったりしてみたら、
みるみるうちに波がやってきて、しばし悶絶する。
今回こそは、先生や助産師さん方のリードにできるだけ従おうって決めていて
前回に比べたら、随分うまくいった。
だけどやっぱり、産む直前のあの痛みの前ではどうにもならないみたい。
気がつくと、息を止めていられずに、噴き出すように叫び声をあげていた。

そうして18時23分、ラクが生まれた。
お産って、小さくても、スピード産でも、やっぱり痛くてきつくて、
そして命がけなんだと思った。
ひろぽんの最後の雄たけび(?)のあたりで、パパとつっきーが病院に到着。
なんてタイミングいいんだろう。計ったかのようだ。
ラクのほうが計って出てきたのかな?「今だ!」って。

予想よりちょこっと早く、4人家族になれた。
私たち、どんな家族になっていくのかな。
いろんな形があるだろうけど、ずっと仲良し家族でいたいな。

4人家族がはじまる

はじめまして~

無事出産して、帰ってきました。

2008年2月19日、18時23分。
2265g。
私にとって特別な数字が、またひとつ増えた。

新しく家族に加わった、ちょっと小さめの男の子。
このブログでは、「ラク」って呼ぼうと決めた。
おなかに宿ったとわかった直後から、楽しく生きていけるようにと
冗談で「楽太郎」と名づけて
最近までずっと、「ラクちゃんラクちゃん」って呼びかけてきたから。
楽太郎は、さすがに軽すぎるのでは、ということで違う名前にしたんだけど、
いまでもラクちゃんって呼びそうになるくらい慣れ親しんだ呼び名だから。

励まし、応援コメントありがとうございました。
すごく、うれしかったです。

入院、出産のこと、始まったばかりの4人暮らしのこと、
これからぼちぼち書いていきたいな。
よかったらまた、遊びに来てくださーい。

もしかして・・・

朝からときどきおなかが痛くて、
横になっていてもよくならない。
だんだん強く、定期的になっていく感じだ。

これって、もしかして、陣痛?
予定日までまだ、1ヶ月ちかくあるのに…。

でも、痛みがくるのが15分~10分間隔になっても
まだ前回のように、はいつくばって声を出してしまうほどの痛みではない。
陣痛じゃないのかな…。

とりあえず、病院に連絡して、これから診てもらうことに。
生まれるのかな。
そうなったら、がんばってきます。

生まれそうな毎日

なでてー

予想はしていたのだけど、
先日健診に行ったら、
「赤ちゃんはだいぶ下がってきてるし、子宮口も2cm開いてる。
でももう36週にはいったし、いつ生んでもだいじょうぶね」
と、言われた。
やっぱり。下がってきてるような気がしたんだよなあ。
長い時間立ちっぱなしで、おなかが張ったりすると
なんだか、出てきちゃいそうな感じすらあった。

先生は、「子宮口が2cm開いてた当日に陣痛始まって、その日のうちに生まれた」
という、前回のつっきーの誕生時のカルテを見ながら
あなた進行速いしね、なんなら早速入院しても、ってくらいの勢いだったけど
とりあえず帰してもらった。ふぅ。

だいじょうぶって言ってもらえたけど。
36週だと、まだ早産になるし、
それに赤ちゃんもちょっと小さめなようで2300gちょい。
もうちょっと、おなかのなかにいてもらったほうがいいと思う。

それからは、これまでにも増して安静に気をつける毎日。
「ハッ、硬くなった!」と思ったらすぐに横になる。
つっきーとの遊びも、寝そべってやったりしている。行儀悪いなあ~。

健診から帰ってきた日は、内診のせいか、一度にこなした検査たちのせいか
なんだか疲れて、おなかもいたかった。
今日にも生まれるんじゃないかと思って、
つい流しやコンロやトイレの掃除を懸命にやってしまったけれど
(だって・・・お産でもしものことがあって、他人がうちに入ってきたとき
こういうところがキタナイとなんとなくはずかしいから・・)
なんとか今日まで、生まれずにいる。

あと一週間でも、一日でも、長くおなかにいてもらいたいと思って
とてもとても慎重に、くらしている。
今日も、一日中いっしょにいられるかなあ。いられるといいなあ。

パパありがとう

おとといは、バレンタインデー。
つっきーとママから♪
パパに、つっきーとふたりでチョコを用意したよ。

ふたりぶんの愛だよー
つっきーとママの合作!
トリュフのはいってるプーさんの敷き紙は、つっきーがチョイス。
つっきーの愛に包まれてるね~。
見た目かなり素朴だけど(汗)愛情はいっぱいだよ。

パパは大喜びで、何度もつっきーを抱きしめ「ありがとう」を繰り返した。
パパぁ・・・ひろぽんにも、何か声をかけておくれ(T T)
少々ご不満顔のひろぽんに気づいたパパは、
ひろぽんにもありがとうといってくれましたとさ。

パパ、いつもありがとう。
大好きだよ!

お産の予習

まだあと1月半もある~と思っていた出産が
このところのトラブルで、急に近づいてきたような気がして
改めて、出産の予習(復習?)をしてみた。

やっぱり、かなり忘れちゃってるもんだなあ。
それに、前回と同じ始まり方・進み方をするとも限らない。
破水から始まったら・・・かなりあわてそうだ。

ひととおり予習して、すこし気持ちが落ち着いた。
この場合はこうしたらいい、ってのが頭にあると、安心するね。
あとは、もうしばらくおなかにいてもらえるように
気をつけてすごすのみ、かな。

写真は、パパのおつまみのえだまめを食べるつっきー。
えだまめ・・・


あむっ

「冷凍野菜のほうが旬に収穫しているから栄養価が高い」
とか「味もおいしい」とか聞いていたのに
このところの事件で、なんだか買う気しなくなっちゃったなあ~

鬼には泣かないけど

先日から、みなさんにいろいろご心配いただいたり
励ましのコメントをいただいたり、ほんとうにありがとうございました。
おかげさまで、その後は用心しながらぼちぼちやっていて
体調の異変もなく、無事にいます。
おなかの子も、元気にキックしてくれてます。

ところで、随分昔のはなしで恐縮ですが・・
変わりばえしないわね
節分のときのつっきー。
今年もみんなで、鬼になったりなられたり。

最後はパパに鬼役になってもらって、
鬼は外、福はうち~って豆まきやったよ。
豆、っていっても柿ピーなんだけど(--;
大豆って、その…余るので。

保育園に来たサンタさん(仮装の先生)に
泣いちゃったつっきーなので、パパ鬼にも泣くのかなと思ったら
意外と平気。

ひげ鬼だぞ~
「仮装が甘かったかな。これでどうだ!」
と、即興でおヒゲを追加して迫ったけど、
やっぱり平気みたい。

だけどそのすぐあとでつっきー、大泣き。
うわあああん!!
つっきーが手にしていたまめを、「鬼は外!」って
鬼に投げちゃったから。
ごめんごめん。鬼は嫌じゃなくても
今夢中になってるものを取られるのはすごく嫌だよね。

来年は、「おにはそとー!」なんて、言えるかな?

油断大敵~

あれから二日。

つっきーは、一度熱のぶり返しはあったものの
順調に回復してくれて、すっかり元気も食欲もいっぱい!
あ、熱のときも食欲はあったなぁ(^^;

ひろぽんも順調回復♪とおもっていたら、
パパのいない昨日の夜、それはまたやってきた。
つっきーとお風呂に入る前、ちょっと長めに立ち働いてしまったせいか
すこし、おなかが硬くなっちゃったな、違和感があるなと思ったら、
それはみるみる進行してあっという間にかちかちな感じに。

あ!と思ってうずくまったけれど、
そのときはもうつっきーは、お風呂に入る気満々で
待つことができずにぐずりだしていたので
横になったり休憩している時間はなくて、そのまま脱衣場へ。

服を脱ぐと、やっぱり出血している。おなかの下がぱんぱんな感じで
おなかを垂直にしているだけでもまずそうだ。
どうしよう、と躊躇したけど、いつもと違って
なかなかお風呂に入れないことに怒ったらしいつっきーが、
涙をぽろぽろこぼして激しく泣き出したので、
とにかくなだめて、いつものおふろオモチャを持たせてお風呂へ。
ここで一旦つっきーが泣き止んでくれたので、とにかくほっとした。

シャワーを浴びながら、自分とつっきーの体を洗いつつ
やっぱり、こんな状況で湯船につかるのはまずいよなあと思う。
雑菌が入ったりしたら、おなかの赤ちゃんに悪影響だ。
そこで今日は、つっきーだけに入ってもらうことにしたら、
いつもと違う状況につっきーが気づいてまたぐずりだした。
「ごめんね。今日はママ、ポンポン痛くなっちゃったから、
お風呂にははいれないの。でもほら、こうやっていっしょにいるからね」
って何度か言い聞かせたら、「ママは入らない」ってことがわかったらしくて
突然、火がついたように泣き出した。

出血しながら、つっきーを抱えたりおろしたりして
おなかのカチカチも限界だったところに、
お風呂場にこだまする、つっきーの激しい泣き声…。
もう、これ以上なだめたりしていられない!
とっさに判断してとにかく泣き喚くつっきーに「じゃあ今日はもう上がろう!」
と声をかけつつむりやり湯船から引き上げた。

とにかく急いで自分の下着をつけて、つっきーにも服を着せる。
無理強いされるのをとにかく嫌がるこのごろのつっきーなので
さらに激しく泣き喚きながら、バスタオルで拭かれることも
服を着ることも拒否。激しく泣き叫んで、はかせかけたオムツを蹴りおろす。
だけど、一刻も早く横にならないと体が持たない、とひろぽんも必死だったので
どうにかこうにか服を着せて、ごはんに持ち込むこと
つっきーの泣きはようやく収まって、何とか横になることができた。ああ。よかった。

そのままその日は、やや甘えっ子さんになりながら
なんとか寝付いてくれたつっきー。
ごめんね。たいへんだったよね。
それにしてもすごい泣き方と暴れようだった。
私は相当、怖い顔をしていたんだろうな。
それに、つっきーの気持ちよりも、
おなかの子と自分を優先させたことが嫌だったんだろうな。
ごめんなさい。

おなかの張りと出血、私はすごい勢いで進むみたいなので
(出産と同じだな~)
これからはもっと気をつけていて、あっと思ったらすぐ横になるようにしよう。

出血と高熱

きのうの朝。

つっきーを園に送るため、ベビーカーを押しながら歩いていたら
なんだかだんだんおなかが硬くなってきたような感じがした。
ときどき痛くもなってきて、冷えてしまったせいかと急いで帰宅。

体が温まると少しはよくなったみたいだったけど
やっぱりなんだかだるくて、横になったらそのまま寝てしまった。

お昼過ぎに目が覚めて、なんだか違和感を感じてトイレに行ったら
!!出血してる。鮮血だ。やばい。
おなかもいたくてまっすぐ立てないくらいだし、
これはもう、生まれるのかも、って思った。
ふらふらしながら急いで入院準備の仕上げをして、
これからやるべきことを考えた。
夫に連絡。病院に連絡。つっきーのお迎え。

まずは、どんな症状でどうしたらいいか、病院に連絡するのがいいかと思って
症状確認のためもう一度トイレにいったら
出血は止まっていた。破水もしていないようだ。
鮮やかな血を見たときは、どきっとしたけど。
少し落ち着いて、かかりつけの病院に電話をしたら
とにかく安静にしてとのこと。
すぐに来られるなら一度来院するほうがいいとのことだったけど
だるくてできれば動きたくなかったので、勘弁してもらった。
よかった。できればまだ、生まれないほうがいいと思うから。

つっきーのお迎えをパパにお願いして
その旨園にも連絡してしばらく横になっていたら、今度は園から電話が。
つっきーが、39度の熱を出したのでできればすぐに来られないかという。
つっきーが!そりゃたいへん。
タクシーでもなんでも使って行こうかとしたら、
ちょうどパパが最寄り駅に到着して、そのままお迎えにいってくれた。
パパ、ありがとう~。

園や、帰りに寄った病院では、ぼうっとして表情もなかったらしいつっきーだったけど
おうちに帰ったら、そこそこ元気。
お薬のシロップと、イオン系飲料を飲んだらうとうとねてしまった。

お布団に入ってから熱があがって泣いたりもしたけど
パパとふたりで、足を暖めたり額を冷やしたりしていたら
夜中すぎには熱が下がった。
よかった。

明日はすっきり、熱が下がっているといいな。
ひろぽんの体調も、回復するといいな。
無理しないよう気をつけながら、看病しよう。

愛しのくまちゃん

友人がくれた、くまさんのぬいぐるみ。

いつのまにか、つっきーの一番のお気に入りとなって
いまでは寝付くときや仕上げ磨きのときなどに
欠かせないアイテムとなっている。
抱き心地、よさそうだもんね。

寝るときは、くまちゃんにチュ!って何度もして、
抱きしめて寝ている。
朝はくまちゃんはどこかにいってしまっているんだけど
お布団の下から探し出してつっきーに見せると
まだ寝ぼけているときでも、ニッコリ笑顔になって
くまちゃんを抱きしめ、そのまま連れて起きてくる。

毎朝毎晩、くまちゃんが一緒でよかったね。安心するね。
mayuko、ほんとにありがとう。

うわぁん

くまちゃんをいただいてすぐの、1歳のころ。
つっきー、まだまだ赤ちゃんぽかったんだなあー。

せつぶん

3人でのりまき♪
昨日は節分。
みんなで、恵方巻きってのを食べてみた。
パパとママは、一本・・・は、多いから半分サイズ。
つっきーには細巻き。
でも、一本でも半分でも、
長いままっていうのはさすがにまだ早いだろうなあ。
そう思って、一口ぶんずつカットしたよ。
長いままかじれるようになるのは、来年かな。再来年かな?

ちゃんとゴックンした~?
一口ぶんずつでも、結局次々お口に押し込んで
最後は「グッ」て詰まりかかったつっきーでした(--;

産休入り!

P1130564_edited.jpg
金曜日で、仕事はとりあえずおしまい。
今日から産休に入る。

お世話になった方、私の業務を引き継いでくれる人。
たくさんの人たちに支えてもらって、無事区切りをつけることができた。
ありがとうございます。

挨拶をしてまわったら、みなさん暖かく励ましてくださった。
思いがけずプレゼントまでいただいたりして、ついじぃんとしてしまったよ。
がんばって、産んできまーす!

今日から、お休みだ。
いつもお休みだった土曜日だけど、いつもと違って感じられるよ!
やったあ。何しよう!?

まずは、ゆっくりしよう。
大きいおなかで仕事がんばった、自分へのごほうび。

 | HOME | 

プロフィール

ひろぽん.

Author:ひろぽん.


来てくれてありがとう!


*script by KT*

*script by KT*

よかったら、ポチリと。

FC2ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログへ

最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー


月別アーカイブ


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。