ハッピー・ラッキー・つっきー!

≫2007年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の準備

夏髪

つっきーの熱の記事に、あったかい励ましをいくつももらって
大いに励まされたつっきー&ひろぽん、
今日までにはすっかり元気になって、元気に保育園、会社に通っている。
みなさん、ありがとう!!
とても心強かったです。

さて、一時は周囲の者たちを心配にさせたつっきーの薄髪も
1歳前ころからぐんぐんと活発に生育しはじめて
いまではちょっと、ムサいほどに。
うれしいねえ。ムサくもなってみたかったよね!

夏を前に、髪を結ってみた♪
親は大満足。
でも、当人はいやみたいで、このあとすぐ、握り下ろされました~(T T)
スポンサーサイト

小児科で大泣き

うわぁん

月曜日に保育園と会社をお休みして
小児科と耳鼻科へ。
耳鼻科で、中耳炎の悪化がみつかり、その場で切開した。
冷やしても下がらなかった熱は、これが原因じゃないかな、
との先生の言葉どおり、切開後みるみる下がって平温に。
つっきー、痛くてこわくて、嫌だっただろうけど、がんばったね。
がんばってよかったね。だいぶ楽になったよね。
笑顔で遊べるようになったつっきーをみて、ほっとした。

火曜日も、朝から元気だったので保育園へ。
けれどお昼過ぎに園から電話がかかってきた。
また熱が出たのでお迎えにきてという。
ああ。元気になったといってもまだまだ全快とはいかないよね。

すぐにも駆けつけたいと思うものの、
先週から幾日も休んでいて多方面にご迷惑をおかけしていて
とても飛んで帰れる状況ではなかった。

大急ぎでとりあえずのところまで片付けて園に駆けつけると、
「お母さんもいそがしいとは思うけど、
何かあったらって思うとやっぱり心配だから
もっと早く帰ってきてあげて」
と、お迎えが遅かったことをたしなめられた。
おっしゃるとおり。おっしゃるとおりです。
だけど、人の中で働いているのに
そんなに自分の思い通りに早退したり休んだりできないよ。

園をあとにして、小児科へ走る。
予約時間ぎりぎりだ。間に合わないかもしれない。
だけどどうしても、今日のうちに診てもらっておきたい。

汗だくで、小児科に駆け込む。遅刻だ。
今日は、つっきーが最後の患者さんだったようで
医院は半分しまっていて、受付の人が不機嫌そうに
「先生、もうずっと待ってらっしゃいますよ。」
といわれた。
診察室に入ると、先生が腕時計にちらっと目をやった。
何かこのあと、ご予定があるらしかったのに
つっきーのために待っていてくださったんだ。
そう思うと申し訳なくて、猛烈な勢いで
つっきーの服をめくったり、状況を早口で伝えたりしてしまった。

そんなあせる私の前で先生は、ゆっくり丁寧に診療してくれた。
しかも、つっきーの呼吸がゼーゼーいっているのに気づいて
薬剤吸引をしていくようにとおっしゃる。
薬剤を蒸気のようにして、口と鼻から吸わせるあの治療は、時間がかかるのに。
別室で、ぐずるつっきーを強く抱いて吸引させながら、
ありがたいのと申し訳ないのと、それにとても疲れていたのとで
いっぱいいっぱいになったひろぽん、ぼろぼろ涙を落としてしまった。
しかもそれを看護婦さんに見つかって、
「お母さん、がんばれがんばれ。今がきっと一番大変なときだよ。」
といわれてさらに大泣き。(恥)
小児科で・・・子供でもないのに・・・。

いつもとちがうひろぽんの様子に気づいて、
不思議そうにつっきーが見上げる。
いかん、いかん。
こんなことでいちいち泣いてちゃ、人の親は務まらないわ。
ママ、もっとたくましくならなきゃね。

油断大敵

ミルクは好きよ

日曜日にはすっかり元気になったつっきー。
部屋中をはいはいしてまわって、ベランダに出ようとしたり
ごはん中のパパとママのところに駆けつけて(いや這いつけて…しつこっ)
ごはんをおねだりしたり。
そんな調子だったから、以前から約束していた
お友達がきてくれる予定を、キャンセルしないでうちに来てもらった。
これが、まずかった、と思う。

始めはちょっと緊張していたつっきー。
でも、人と会うときはいつものことだし
今日は勝手知ったるホームだし。大丈夫。
そう思っていたら、夕方ころからみるみる熱が上がっていき、
一時は40度ちかくにまでなってしまった!

気を遣って早めに帰ってくれた友人たちに心のなかであやまりつつ、
あわてて日曜日もやっている病院に駆けつけた。
風邪がぶり返したんでしょうとのこと。
解熱剤を飲ませ、氷嚢でも冷やし続けたら、
朝にはなんとか治まった。はああ。

せっかくきてもらった友人たちには、わたしの判断の甘さのせいで
なんて申し訳ないことをしてしまったんだろう。
そしてなによりつっきーに、またきつい思いをさせてしまった。
小さくて弱い体には、緊張感も大きな負担になるってこと、
ちゃんと理解していなかった。
なんて母なんだろう・・・。
つっきーごめんね。ごめんなさい。

今日も、保育園と仕事をお休みすることになった。
いちにちずっと、ふたりでおうちでゆっくりしようね。

ドキドキな夜

だらーん

木曜、金曜と、つっきーが熱を出した。
38度ちょっと。でも元気いっぱい、食欲もいっぱい。
お医者さんも、「保育園で風邪でももらってきたかな。
おうちでゆっくり、涼しくしていればすぐ治る。」
と、言ってくださった。

そのとおり、おうちでゆっくりしていたけれど
夕方ころから熱がぐんぐん上がりだして
みるみる機嫌も悪くなった。
むずがりながら、生あくびばかりする。
ときおり、ビクン、としたような気がした。
脳裏をけいれんの記憶がかすめる。
まずい。熱を上げてはいけない。

氷水で手を冷やして、つっきーに当てて冷やす。
つっきー、かなり熱い。首元やあたまは、燃えるようだ。
まるで、体の中に熱源を持っているみたい。39度以上あったと思う。
つっきーで温まった手で氷をにぎると、
じゅぅぅと音を立てて小さくなった。

途中からは、氷嚢をタオルに来るんで両脇に当てて強制冷却。
つっき、泣いて暴れて激しく抵抗。熱が下がる様子はない。
でも、やめたらもっと上がるはず。
いっしょにがんばろう、って、
つっきーをはげましながら冷やしていたけど
自分のことを励ましていたような気がする。

久しぶりに出した扇風機に興奮したタンがほえ続けるので
「しずかに。」と強めに注意したら
その口調に驚いたつっきーが、ビクッ!となった。
それを見て、ビククーン!!とするわたし。
ああ。けいれんを起こしたかとおもった。

けいれんがこわい。とてもこわい。
絶対に、繰り返させたくない。
座薬を使おうと決めた。
前回つかったとき、フラフラと様子がおかしくなったので
できるだけ使うまいと決めていたけれど
けいれんを繰り返さないためなら、しかたない。

座薬を入れて30分、熱がやっと落ち着いた。
それでも38度くらいはあったけど、笑顔が出るようになってひと安心。
心配していた座薬の副作用も、たいしたことなくてよかった。
ちょっと眠そうなくらい。
前回は、けいれんの後遺症で弱っていたのかな。

金曜日は、パパがお休みして一日いっしょにいてくれた。
パパは、このお休みをもらうと来週はじめに
相当きつくなるみたいだったのに、黙っておやすみしてくれた。
ありがとうね。
いっしょに絵本を見たり、くまちゃんのぬいぐるみで
あそんだりしてくれたみたい。
つっきー、よかったねえ。
くまちゃんスキ

そのおかげか、土曜日の今日はだいぶいいみたい。
とはいっても、まだ熱はあるから
今日一日、引き続きおうちでゆっくりしようね。
月曜にはすっかり元気になって、
お友達に会えるといいね!

繰り返す

よくあることだけれど、つっきーは繰り返すのが好き。
気に入ったことを何度も繰り返す。

先日、おじいちゃんおばあちゃんと公園にいったとき。
あ、タン!
うろうろしていたタンに目を留める。

なでる~
「ボクのことを?ありがとう~」

も、いいや
「どうも~」

またなでる~
「ハイどうぞ」

飽きたわー
「あ、そうですか」

やっぱ、もう一回!
「ちょっとォ~何とかしてくださいよこの人」

タン、気持ちよくわかるよー。
すまないけど、今だけちょっと付き合ってあげてくれない?
いずれ、きみの散歩にたっぷりつきあってくれるようになるはずだから!

ここ一番!

おじいちゃんおばあちゃん♪
熊本のおじいちゃん、おばあちゃんが来てくれた。

つっきーが生まれてからのこの一年、
私が上京してからの10年ちょいを上回るほどのハイペースで
つっきーに会いにやって来る。
マゴパワー、依然衰えず。

再開直後は軽く緊張して固まっていたつっきーだけど、
ほどなく打ち解けて、抱っこされても大丈夫になった。
よかったよかった。

いいお天気だったので、タンもいっしょにみんなでお散歩。
タン、大はしゃぎ!
梅雨の晴れ間に
つっきーを乗せたベビーカーの周りをぐるぐるまわるので
リードを持ったおばあちゃんが息を切らして追いかけていたよ。
いい運動になったね~!

みんなでご飯を食べたり、あそんだり、散歩したり。
気がつけば、もうお別れの時間だ。
楽しい時間は、いつもあっという間だなあ。

空港へのバスに乗り込んだ二人に手を振ったら
つっきーが、なんともベストなタイミングでバイバイをしてくれた!
それも、バスが見えなくなるまでずっと。

つっきー。ありがとう!!
あなたは実は、ここ一番に強いひとなのかしら?

おじいちゃん、おばあちゃんもきっと喜んでくれたはず。
ひょっとしてマゴパワー、威力を増しちゃうかもね!

おすそわけ

日曜の朝。

早起きしたつっきーは先にご飯を食べて、
あとからパパとママがご飯を食べていると・・・

足のあいだから
足のあいだにつっきー登場!
いつのまに?!びっくりしたあ~。
そのまま椅子につかまってたちあがり、
「アー!アー!」とアピール。
(ごはんちょうだい!だと思われる。)

やったあ
仕方ないなあ。

ッきゃー!
やったあ!

奇襲とねばりづよさに負けて、ついついあげてしまう。
また、保育園の先生に「つっきーふっくらした?」とか言われちゃうぞ~。

鈍感?大物?

ふんわりももちゃんよ!

最近、つっきーの寝相がすごい。
いつのまに?どうやって?!ってくらい、
ベッドの上を、右へ左へ、上へ斜めへとよく動く。


今までは、三人で寝ている大きめのベッドの壁ぎわに寝かせていれば、
多少動いても落ちるなんてことなかったのだけど
昨日は、ゴトンと音がしてパパと駆けつけてみると、
つっきー、ベッドから落ちていた。
落ちたまま、寝ていた!

ベッド周りに、落下時の衝撃緩和のため
お布団を敷きめぐらせていたとはいえ、
ベッドから落ちて起きないなんて。
つっきー、あなた大物ねえ。
どこも痛くならなければいいけど。

パパとふたりで、そっとつっきーをベッドに運ぶ。
つっきー、目覚めない。
すごい眠りの深さ!パパとママどっちに似たんだろ。

今日はベッドの下に加えてベッドの上にもおふとんで柵をこしらえた。
今日は大丈夫、かな?

お財布荒し

このところ毎朝、お財布荒しの被害が続いている。

んしょ、んしょ
犯人は・・・?

あ!
やっぱりつっきーだ!
お金であそんじゃいけませんよー。

どうぞ~
みつかると、ママにお金をくれる。
「ほらおこづかいあげるから、そうおこらないで」

遠慮しないでね
ためらっていると、手のひらにお札を押し付けてくる。
押しの強いおばちゃんみたいだ。

でも、気になるわね
結局すべての中身を次々と渡してくれる。
最後までくれないお気に入りは、残額わずかなバスカード。
つっきー、欲がないねー。

お友達とキムチ

ダンスがとてもうまいお友達が、遊びにきてくれた。
こんなかわいいおみやげを連れて。
タン子
おお。
タンと同じ、ミニチュアダックスじゃないですか。
きみの名前はタン子に決まりだ!

タンとご対面。
タンは早くも、気になるようす。
キミはだれ?
「タン子」だよー。
頭も動くし、しっぽも振るんだよ!
仲良くしてね。

お友達の許しを得て、タンを出してみる。
あ、タン!
つっきー、大興奮!

待ってー!
タン子を追うタン、
タンを追うつっきー。
三角関係、どうなる?

お友達と、タンと♪
タンが戻ってきてくれたよー。
やっぱりあたしたち、親友よね。

ダンスがうまいお友達は、
お菓子作り&お料理もこれまたうまい。研究家みたいだ。
彼女を見ていると、好きこそものの上手なれ、だなと思う。

そんなお友達と、一緒にキムチを漬けてみた♪
辛くておいしくて、大満足!
キムチ
楽しい時間をありがとう。
また遊ぼうねー!

パプリカ好物化プロジェクト!

もやし

つっきーの野菜嫌いが判明した。

我が家でも園でも、野菜を残すのだ!
特に、パプリカときゅうり。
ほかのものと一緒にお口にいれても、これだけは返品されてくる(涙)
緑系の野菜でもキャべツやブロッコリーは、大丈夫みたいだけど。

以前は確かに、スティックきゅうりをペシペシ食べていたのにな。
いつから苦手になったんだろう。

好き嫌いや偏食が多いと本人が後々大変だから、
今のうちに、パプリカその他を好きになるよう仕向ける、
パプリカ好物化プロジェクトを開始することにした。

まずは、パプリカをすり下ろしてスープストックでよく煮たら
ごはんやチーズを加えてリゾット風に。
味見してみると、パプリカは遠くにいる程度。
これは、難なくクリア。

次に、みじん切りにしたパプリカを、これまたスープでコトコト煮て、
パンにはさんであげてみた。
これも、食べた!

なあ~んだ結構いけるじゃない!?と調子に乗ったひろぽん、
スープで煮たパプリカそのものをあげてみたら、
数秒後、自動的に押し出されてしまった(><)

やっぱりまだ、そのもの、そのまんまだといやみたいだ。
プロジェクト、きっと先は長いな。
好みを把握して、なんとか好きにしたいな~。

未知のせかい

ちょろん
つっきー、まだ歩かない。

歩かないけど、たっちはずいぶん得意になった。
しっかりつかまれる部分がなくても、
ちょっと支えがあれば立てるようになった。

ある朝歯磨きをしていたら、
はいはいで追ってきたつっきーが立ち上がった。
鏡越しに、ちょろんと顔を出す。
洗面台の上がぎりぎり確認できるね。

へーえ。
こうなってるんだぁ。

立てるようになって、またひとつ、せかいが広がったね。
歩けるようになったら、もっともっと楽しくなるよ。

夢中になったのはだーれ?

・・・これって
親子ともども忘れたころに、つっきーへプレゼントが届いた。
バースデープレゼントにちょうどいいかと注文してあった、LEGOの基本パック。

あたしへの?
そうだよ、つっきーのだよ。
さっそく開けてみようよ!

パパといっしょに
まずはパパが、遊び方指導。
ほうらつっきー。こうやって、くっつけるんだよ。

つぎはひとりで
・・・ふう~ん。

つっきーがひとりでLEGOをいじっているあいだに、
パパとママはなつかしさのあまり、思わずLEGOに没頭。

パパとママの作。
「ドイツ」と「フランス」かあ・・・


「イタリア」ね!
いやあ。昔はこんな遊び方しなかったけど。
こんなのも作れるんだなあ。

そしてこれが、パパの努力作品。
「日本」!!
・・・ごめんつっきー。
つっきーへのプレゼントなのに、親がはまって。

それにしてもLEGOって、楽しいねえ♪

おにごっこ

二人でおにごっこよ!

おにごっこが、軽く流行っている。

ひとり遊びしているつっきーのそばを離れて、隣の部屋に行きかけると
つっきー、「アー!」とかいいながらはいはいで追いかけてくる。
まずはつっきーが鬼だね。

ペタペタと、急ピッチで追いかけてくるつっきーのはいはい音。
振り返って座り込んで、両手を広げてお迎えすると、
何を思うのかつっきー、一旦おしりをついて方向転換し、すたこら逃げ出す。
今度は、ママが鬼なのね。

追いかけると、「ッキャー!!」と叫んで、数歩逃げては
振り返っておしりをつき、後方確認。
私が追いかけてきているのを見てはまた逃げ出す。
追いかけてきてない場合は、つっきーが再び鬼になる!

気になる何かに遭遇しない限り、延々続くおにごっこ。
子供って、繰り返すのが好きなんだなあ。

つみきの好み

中身が気になるわ~

つっきーが、カラーつみき(と、いうのかな?)にはまっている。

バケツ状の容器につみきを次々入れて、
入れ終わったらまた取り出したりして楽しんでいる。
靴下やはぶらしなど、つみき以外のものも入れて楽しんでいる。

容器にはつみきの形に穴があいたフタがついていて
フタをつけた場合、難易度はぐっと高まる。
つっきーは、フタをつけると入れられたり入れられなかったり。
三角の穴に四角いつみきを無理やり押し込んだりしているよ。
つみきの形と穴の形の関係を理解するのは、
まだもうちょっと先なのかな。

そんなつっきーだけど、つみきの形自体は理解しているようす。
一番のお気に入りである丸くて青いつみきを、毎回一番先に手にとるから。
青がスキだから、ってことも、考えられなくはないけど…。
握ったとき手にしっくりくるのが心地よくて、丸い形に惹かれてるんだとママはふんでいるよ。
実際は、どうなのかな~。



 | HOME | 

プロフィール

ひろぽん.

Author:ひろぽん.


来てくれてありがとう!


*script by KT*

*script by KT*

よかったら、ポチリと。

FC2ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログへ

最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー


月別アーカイブ


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。